このエントリーをはてなブックマークに追加

カードをプロテクトする

テキサスホールデムというのは、基本的には自分のカードの方が強いと思えばベットして、相手に逆転の余地を与えないゲームです。

スロープレイというのもありですが、条件が整わない限りはやはりベットしていくのがセオリーです。

ここではカードをプロテクトする例を紹介します。

 

 

捲くられる余地のあるツーペア

キャッシュゲーム$0.08/0.16

プリフロップ

U$39.47

H

D

S

B(私)$20.81 A♣、8♣

VPIP35、PFR28のそこそこアグレッシブなプレイヤーがUから$0.48へオープンしました。

H、D、Sとフォールドし、私は$1.62へ引き上げました。

Uはコールでついて来ました。

 

フロップ$3.32 8♠9♥A♦

ツーペアをヒットさせた私は$1.86をベット、相手は$3.84へリレイズしてきました。

相手の強いアクションから考えて、相手がAを持っていたらもう1枚のカードも絵札の可能性が高く、ターンかリバーでそれらが落ちるのは見たくありません。

私がボードにある2枚をヒットさせたため、相手がセットになっている可能性は低く、私はオールインしてこのハンドをプロテクトすることにしました。

相手は少々考えてフォールドしました。

2014.5.10p4

プリフロップ、フロップと相手のアクションが強い場合には、本物のカードである可能性が高いです。

こういう場合はポットも大きくなっているため、もし自分のカードの方が勝っていそうなら、ナッツでもない限りはオールインして自分のハンドをプロテクトする方がいいです。

間違ってもスロープレイして、相手にフリーカードを与えてはいけません。