このエントリーをはてなブックマークに追加

ラウンダーズ

ポーカーが題材となった映画ラウンダーズをレビューします。

 

ラウンダーズは1998年のアメリカ映画で、翌年字幕版として日本で公開されました。

上映時間は121分です。

 

ラウンダーとは元々は、カードゲームで生計を立てている人のことを指します。

 

舞台はニューヨークで、マット・デイモンが演じるマイク・マクダーマットが闇ポーカーで勝負して、最後は宿敵のテディーKGBと対決します。

ポーカーによる一夜での破産、恋人ジョーとの破局、友人ワームとの友情、勝負の数々、一流弁護士の道を捨て勝負師として生きる決意、青春の全てが描かれ闇ポーカーの不気味な世界と相まって、ポーカーファンにとってはたまらない内容となっています。

 

人読み、イカサマ、ブラフ、スロープレイとポーカーの醍醐味全てが出てきます。

 

ストーリーだけでなく、ポーカーの勝負内容も悪くありませんので、ポーカーに精通している人なら倍楽しめるかなといった感じです。

 

負けると全てを失うといった勝負には、その人の人生がそこに凝縮されている感じで、誰しもが魅入られる場面ではないかと思います。

 

rounders

マットがKGBと最後の大勝負をするシーン

 

たった2時間という短い時間で、よくここまで人間同士のポーカー勝負の本質を描写できたなと、感嘆させられる内容でした。

 

出演者も非常に豪華ですので、ポーカーファンなら是非一度は見てみて下さい。

これ以上のポーカー映画ってちょっとないと思いますから。

 

出演者

マット・デイモン:主人公マイク・マクダーマット役

エドワード・ノートン:マイクの友人ワーム役

ジョン・タトゥーロ:裏プロジョーイ・クニッシュ役

ファムケ・ヤンセン:ポーカールームのマネージャーペトラ役

グレチェン・モル:マイクの恋人ジョー役

ジョン・マルコヴィッチ:裏ポーカールームのボステディーKGB役

マーティン・ランドリー:ロースクールの教授ペトロフスキー役

マイケル・リスポーリ:取り立て屋グラマ役

 

ラウンダーズ