強そうで弱いJJの扱い方

2枚のポケットカードがペアになる確率は1/17です。

AAやKK、QQならプリフロップオールインで、TT以下ならコールしてセットを狙うかベットして相手をフォールドさせるかなのですが、JJというのは意外に中途半端で扱い方が難しいハンドです。

経験的にはJJがハンドはあまり勝った試しがありません(笑)

JJは絵札で一見強そうなハンドですが、TT以下と同じように扱った方が無難だと考えています。

今回はこのJJハンドでのプレイを考えてみます。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)(私)J♣、J♥

シート3

シート4

シート5

シート3が$0.48へレイズ、シート4がコール、シート5、1がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

JJではフロップでAかKかJが出てしまえば、それほどえばれたカードではないので私はスクイーズ狙いで$2を3ベットしました。

するとシート3がオールイン、シート4がフォールドして再びアクションは私に回ってきました。

私はすごく迷ったのですが、結局はフォールドしきれずにオールインコールしてしまいました。

 

ショーダウン($22.62)

フロップで8♠、A♣、8♥で、ターンで6♣、リバーでT♠が落ちました。

相手はA♦、K♣を開きAをヒットさせた相手が$21.6(レーキ$1.02)を獲得しました。

 

レースの勝率はそれほど悪くなかったのですが、それでもA、Kハンドに5回に2回は勝たれてしまいます。

またクイーン以上のペアに対して、5回に4回は負けてしまいます。

こう見るとJJは見た目ほど強いカードではないことが分かります。

 

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4

シート5(SB)(私)J♥J♦

シート6(BB)

シート1、2がフォールド、シート3が$0.48へレイズ、シート4が$1.44へリレイズしてアクションは私に回ってきました。

私は$4をレイズしました。

シート6、シート1がフォールドしてシート4がコールしてきました。

 

フロップ($8.64)K♠、Q♠、A♠

最悪のフロップで私はチェックせざるを得ませんでした。

相手は$5.28をベットしてきましたが、私はフォールドせざるを得ませんでした。

相手は$8.25(レーキ$0.39)を獲得しました。

 

この例でもやはりJJがそれ程強いカードではなくなっていることが分かります。

これらを踏まえまして、JJは比較的トラブルハンドになりやすいということが分かります。


コメントを残す