勝ちたければ参加しない

テキサスホールデムでは最初に2枚のカードが配られますがそれを見てゲームに参加するか否かを決定します。

勝負は残りのカードを見なければ分からないと思うかもしれませんが実際に勝つ見込みの低いカードで勝負にいったところでは負ける可能性の方が高いです。

現実には参加するのは5ハンドに1ゲームくらいです。

 

場がタイトなのかルーズなのかにもよりますが大体は5ハンドに1ゲームという割合を覚えておいてください。

具体的にはテキサスホールデム攻略中級編で詳しく解説します。

 

また席は選択がなるべく最後にくる位置の方が有利です。

なぜなら前の人の選択を見て戦略が選べるからです。

 

くどいようですがポーカーは運で勝つゲームではなく確率を積み重ねて勝つゲームです。

そういった意味ではギャンブル感覚でやっては勝てないのです。


コメントを残す