フロップとドローハンド

プリフロップのベッティングラウンドが終了した段階で場に3枚のカードがオープンされます。

これがコミュニティーカードです。

この状態をフロップといいまた新たなベッティングラウンドが始まります。

ただし今度はスモールブラインドから行動を起こさなければなりません。

この状態で5枚のカードが見れるのですから役が揃っていてもおかしくないしまたあと1枚でストレートやフラッシュができる場合も考えられます。

あと1枚でストレートやフラッシュができるハンドをドローハンドといいます。

ただここで一点注意しなければならないことがあります。

それはフロップの段階では3枚のコミュニティーカードが出ているためプリフロップでの強いハンドも価値が下がっているということです。

例えば相手がAAのカードを持っていたとしてもドローハンドならコールしてみたくなりますからね。

 

またここでも最後に行動を起こせるのはボタンのポジションなのでテキサスホールデムにおいてポジションがいかに重要かを再認識しておいて下さい。

行動を最初に起こさなければならないポジションだと相手の情報が一切分からないわけですから少なくともブラフという選択はしづらいですからね。