強そうで弱いJJの扱い方

2枚のポケットカードがペアになる確率は1/17です。

AAやKK、QQならプリフロップオールインで、TT以下ならコールしてセットを狙うかベットして相手をフォールドさせるかなのですが、JJというのは意外に中途半端で扱い方が難しいハンドです。

経験的にはJJがハンドはあまり勝った試しがありません(笑)

JJは絵札で一見強そうなハンドですが、TT以下と同じように扱った方が無難だと考えています。

今回はこのJJハンドでのプレイを考えてみます。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)(私)J♣、J♥

シート3

シート4

シート5

シート3が$0.48へレイズ、シート4がコール、シート5、1がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

JJではフロップでAかKかJが出てしまえば、それほどえばれたカードではないので私はスクイーズ狙いで$2を3ベットしました。

するとシート3がオールイン、シート4がフォールドして再びアクションは私に回ってきました。

私はすごく迷ったのですが、結局はフォールドしきれずにオールインコールしてしまいました。

 

ショーダウン($22.62)

フロップで8♠、A♣、8♥で、ターンで6♣、リバーでT♠が落ちました。

相手はA♦、K♣を開きAをヒットさせた相手が$21.6(レーキ$1.02)を獲得しました。

 

レースの勝率はそれほど悪くなかったのですが、それでもA、Kハンドに5回に2回は勝たれてしまいます。

またクイーン以上のペアに対して、5回に4回は負けてしまいます。

こう見るとJJは見た目ほど強いカードではないことが分かります。

 

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4

シート5(SB)(私)J♥J♦

シート6(BB)

シート1、2がフォールド、シート3が$0.48へレイズ、シート4が$1.44へリレイズしてアクションは私に回ってきました。

私は$4をレイズしました。

シート6、シート1がフォールドしてシート4がコールしてきました。

 

フロップ($8.64)K♠、Q♠、A♠

最悪のフロップで私はチェックせざるを得ませんでした。

相手は$5.28をベットしてきましたが、私はフォールドせざるを得ませんでした。

相手は$8.25(レーキ$0.39)を獲得しました。

 

この例でもやはりJJがそれ程強いカードではなくなっていることが分かります。

これらを踏まえまして、JJは比較的トラブルハンドになりやすいということが分かります。

QQがプリフロップオールインハンドな理由

テキサスホールデムのリングゲームにおいて、AA、KK、QQ、AKはプリフロップオールインハンドと言われています。

AAやKKはハンドランキングで1位と2位なので分かると思います。

 

AKはペアではありませんが、AK以外のペアハンドに対しては4割以上の勝率があります。

もしあなたが中位~下位のペアハンドなら、プリフロップでオールインする気になるでしょうか?

相手は上位のペアかもしれません。

恐らくほとんどの人はする気になれずフォールドすると思います。

実際にはAK以外のペアハンドの方が勝率が高いのに、フォールドさせてしまうところにAKハンドのプリフロップオールインの妙があるところです。

 

QQの場合でも自分がQQを持っていて、相手がAA或いはKKを持っている確率は低いのでプリフロップオールインハンドと言われています。

QQハンドの場合はフロップ以降にボードにAかKが出てきてしまったら、それほどえばれたカードではなくなってしまうため、プリフロップの段階で相手をフォールドさせたいところです。

QQでは3ベットという考えもあると思いますが、オールインではなく3ベットだとどうなるのかをみていきたいと思います。

 

 

ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4

シート5(SB)(私)Q♥、Q♠

シート6(BB)

シート1がアーリーポジションから3BBの$0.48へレイズしてきました。

シート2、3、4はフォールドしアクションは私に回ってきました。

私はレイズされた額の3倍以上の$1.5へ3ベットしました。

シート6がフォールドし、シート1がコールしてきました。

 

フロップ($3.16)4♦7♦、A♣

Aがでてきてしまったため、私はチェックせざるを得ません。

相手もチェックしました。

 

ターン($3.16)K♦

私はこれもチェックをせざるを得ません。

こうなるとQQは既に強いカードではなくなっています。

相手は$2.24をベットしてきました。

私はフォールドせざるを得ませんでした。

 

プリフロップでは相当に強いQQなのに、プリフロップ以降ではただのワンペアになってしまいます。

それゆえにプリフロップの強い段階でオールインする必要があるのです。

こうしていればシート1はフォールドせざるを得なかったと思います。

 

ポーカーは基本的に、相手にカードを引かせない(フォールドさせる)ゲームです。

ですから自分のハンドが強いと思われるうちにベットして、カードを引かれると勝たれてしまうかもしれない相手に負荷を与えるのが基本的な戦略となります。

ポーカーの上手さとは強いハンドの時いかにフォールドできるかである

ポーカーはナッツ(その状況下での最強ハンド)であれば、後はいかに相手にチップを投げ入れてもらうかを考えればいいだけですし、逆にカードが悪い時はブラフでも無い限りは突っ込んでベットする事は無いと思います。

ポーカーで一番チップが大きく動く時は二人以上が大体強いハンドを持っている時です。

自分の方が相手よりも強いならそれでよいのですが、悪かった場合は大きく損害を被ります。

ある程度自分のハンドが強かった場合、ある程度ポットへ入れてしまうのはしかたがないことだとと思います。

問題はどれくらいその損害を最小に抑えるかがポーカーでは一番重要な要素となってきます。

例えばスリーカードでも、ボードにストレートやフラッシュが見えているのであればそれ程強い手ではありません。

またストレートやフラッシュでも、ボードにペアが現れた途端フラッシュの可能性も出てきますから決してえばれた手ではなくなっています。

 

大切なのは相手の行動から自分より強いハンドを持っているのかどうかを読むことです。

例えばボードに連番カードが出ているとき、或いは同じスイーツのカードが表れていて相手が全てのベットに対してコールしてきた場合などはドローハンドの可能性が濃厚です。

 

ポーカーとは相手のカードより強いか弱いかだけなので、いい手であっても場合によっては降りる決断も必要です。

キッカー負け

ワンペアハンドにはキッカー負けというのがつきものです。

トップヒットだったとしても、キッカーが弱ければ大きなポットを作って勝負するのは危険です。

では早速例を見てみます。

 

プリフロップ(€0.15)で€0.1を支払っているBBの仗助に二人がコールしてきました。

仗助のハンドはJ♠、5♠でチェックしました。

 

フロップ(€0.3)で2♥、J♣、6♥が現れます。

最初のプレイヤーはチェックで回し仗助は€0.15レイズすると、次のプレイヤーは€0.45に3ベットしてきました。

最初のプレイヤーはフォールドし仗助はコールしました。

(トップヒットなのですが相手の強いアクションは相手もトップヒット以上の可能性が高いため、無難にいくならここはフォールドが正解かと思います。)

 

ターン(€1.2)で9♦が現れます。

これに対して仗助はポットの半分の€0.6をベットし相手がそれにコールします。

(この行為も難しいところですが仗助がレイズしなければ相手がレイズしてくると思われますのでしかたのないベットだと思います。)

 

リバー(€2.4)でK♥が出てきます。

これにお互いがチェックします。

 

ショーダウンしてみたら相手はQ♦J♥でした。

相手はレーキを差し引いた€2.28を獲得します。

 

このハンドは仗助にとっては勝てないハンドでした。

フロップでトップヒットだったのですが、ここで強いアクションを起こすということは相手もトップヒットかオーバーペアの可能性があります。

トップヒットだったらキッカーの勝負になるため5♠では強くは出られません。

その時はなるべくポットを抑えて勝負していところです。

尚、仗助のターンでのベットに対して相手がさらに強いアクションを起こした時はもうフォールドが正解かと思います。

 

このようにワンペアというのはAA、KK、AK、QQのプリフロップオールインを除いて大概は全額勝負にはなりません。

ストレートやフラッシュもフルハウスの前には無力

ポーカーにおいて、自分のカードを過信している時が一番怖いというのは以前書きました。

ストレートやフラッシュが揃ったら大概の場合は勝てますが、一つ注意しなければいけない役があります。

それはフルハウスです。

フルハウスは基本的にはボードにペアが出た時にできる可能性のある役です。

よってストレートやフラッシュはボードから予想できるカードなので、ボードにペアが出た時突っ込んでくるプレイヤーには警戒が必要です。

 

では見ていきます。

 

プリフロップで€0.2レイズしてきたプレイヤーに対してQ♦J♥を持っているポジションのいい仗助はコールしました。

他のプレイヤーはフォールドしました。

 

フロップで8♥、9♣、9♦が出ました。

相手はチェックし仗助は€0.25をレイズしましたが相手がそれにコールしました。

 

ターンで10♥が出ました。

相手がチェックし仗助もチェックしました。

この時点で仗助はストレートができ勝ちを確信してスロープレイをしています。

 

リバーで6♣が出ました。

相手が€0.52ベットしたのに対して仗助はさらに€1.04にレイズしました。

すると相手は残りの€3.75をオールインしてきました。

仗助はこれにコールします。

 

ショーダウンしてみますと相手のカードは10♦、9♠でした。

見事にフルハウスです。

 

相手もなかなかしたたかなプレイヤーでしかたがない負けともいえそうですが、いくらストレートといえどもボードにペアができた段階でフルハウスの可能性が出てきてその瞬間にストレートやフラッシュは最強の手ではなくなることを覚えておかないといけません。

 

しかし10♦、9♠はポジションの悪い相手からみて参加ハンドレンジでないため仗助は少しバットビートでしたね。