このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカーの上手さとは強いハンドの時いかにフォールドできるかである

ポーカーはナッツ(その状況下での最強ハンド)であれば、後はいかに相手にチップを投げ入れてもらうかを考えればいいだけですし、逆にカードが悪い時はブラフでも無い限りは突っ込んでベットする事は無いと思います。

ポーカーで一番チップが大きく動く時は二人以上が大体強いハンドを持っている時です。

自分の方が相手よりも強いならそれでよいのですが、悪かった場合は大きく損害を被ります。

ある程度自分のハンドが強かった場合、ある程度ポットへ入れてしまうのはしかたがないことだとと思います。

問題はどれくらいその損害を最小に抑えるかがポーカーでは一番重要な要素となってきます。

例えばスリーカードでも、ボードにストレートやフラッシュが見えているのであればそれ程強い手ではありません。

またストレートやフラッシュでも、ボードにペアが現れた途端フラッシュの可能性も出てきますから決してえばれた手ではなくなっています。

 

大切なのは相手の行動から自分より強いハンドを持っているのかどうかを読むことです。

例えばボードに連番カードが出ているとき、或いは同じスイーツのカードが表れていて相手が全てのベットに対してコールしてきた場合などはドローハンドの可能性が濃厚です。

 

ポーカーとは相手のカードより強いか弱いかだけなので、いい手であっても場合によっては降りる決断も必要です。