このエントリーをはてなブックマークに追加

プリフロップオールインハンド

JBETポーカーで今日もプレイしました・・・・が

結局のところ今日も勝てませんでした。

一番痛いのが最後にQd、Qhのハンドでプリフロップオールインしたのですが、Ac、7dで受けて立てこられ場に出たカードがJd、Kd、Ad、9h、5sでバイインを一気に失ってしまったことです。

シークレットキャッシュポイントに適正レートはバンクロールの1/30と書かれていましたがこれは確かに頷けました。

もしこの一回のハンドだけでバンクロールの大半を失ってしまったら、正常の精神状態でプレイすることはできませんからね。

多少の不運に耐えるくらいの資金の分散は確かに必要です。

今回はたまたま負けてしまいましたがこの行動に対しては後悔していません。

毎月100万円以上テキサスホールデムで稼ぐ高木さんの書いたシークレットキャッシュポイントには、AA、KK、QQ、AKはプリフロップオールインハンドと確かに書かれていたからです。

今回はたまたま不運だっただけで長くこの行動をとっていれば必ずプラスに転じると思います。

逆に相手のハンドはプリフロップオールインハンドではないのですが折角なので、A、Xと持っていてコミュニティーカードにAが一枚も出ない確率を求めてみたいと思います。

A、Xを持っているプレイヤーから見て残りの50枚のカードはどこにあるか分からないので、コミュニティーカードの最初の一枚がAでない確率は47/50(Aは50枚の中に3枚残っているため)

二枚目のカードがAでない確率は46/49

同様に三枚目のカードがAでない確率は45/48

四枚目のカードがAでない確率は44/47

五枚目のカードがAでない確率は43/46

よって求める確率は47/50×46/49×45/48×44/47×43/46≒0.72

約72%

逆に言うと28%の確立でAが出ることになります。

相手がプリフロップオールインハンドした場合は上位のペアが揃っている可能性が高く、Ac、7dで勝つには現実的にはAを引き当てるよりなくその確率は28%だとしたら分の悪いギャンブルです。

だから普通はやらないのが正しいプレーなのですがその28%の確率を引き当てられてしまったのが痛いところでした^^;

 

ポーカー用語にマックというのがありますが、マックするとはショーダウンで負けたときや相手が皆途中でフォールドして自分が勝った場合にカードを見せないことです。

見せなくてもいいカードを見せてもただの自己満足でブラフを使っていた場合は、今ブラフをやっていましたとバラスだけなので自分にとって不利益な情報を相手に与えるだけです。

基本的にはマックはしておいた方がよさそうです。

 

13億近く稼ぐポーカープレイヤーにダニエル・ネグラヌというポーカースター所属のプロがいますがその人の年齢は37歳で私と

ほとんど変わりません。

同年代の人には国境を越えても応援したくなります。

Secret Cash Point(シークレット・キャッシュポイント)をJBETポーカーで試す。

はじめまして当サイト管理人ジャックです。

突然ですがあなたはポーカーに何か魅力を感じたことありませんか?

 

以前アメリカの人気ポーカー番組で『ハイステークス・ポーカー』

という番組がありました。

大物プロポーカープレイヤーたちがテキサス・ホールデムで対戦する

キャッシュゲーム番組で、参加に最低でもバイイン(参加費)が

20万ドル(約1800万円)も必要となっており、視聴者の度肝を抜く金額での

ダイナミックなポーカープレイがウケけていた番組です。

この番組での過去1ハンド最高ポット額が、91万9,600ドル(約8,276万円)。

しかもそのハンド所要時間は5分弱だったそうです。

 

この短時間で動く圧倒的な金額に何かそそられませんか?

それがポーカーなの魔力なのか人間の欲なのかまたは好奇心なのかは分かりません。

その答えを見つけようとオンラインポーカーを始めることにしたのです。

 

そもそも私がオンラインポーカーなるものを知ったのは一昨年の年始にある方のメルマガで高木さんを紹介されそこでバックエンドを受けて知るはめになったのです。

レターを見て「これは稼げそうだな。」と直感しました。

しかしその時はスリーミニッツキャッシュというブックメーカー投資を実践しており時間がなかったのです。

結果は散々で賭け間違いや片賭けのミスでやればやるほど資金が減っていったのには参りました。

 

あれから一年以上の月日が経ちたまたまあのレターを見る機会に巡り合ったのです。

中を見たら驚いたことにまだ高木さんはこの手法で稼ぎ続けていたのです。

そうこれがSecret Cash Point(シークレット・キャッシュポイント)です。

 

今度は躊躇うことなく購入しました。

中身はとても内容が濃く一石一夕にして身につくものではありません。

今日は最初なので各ポジションのプリフロップハンドだけを覚え(とはいいもののうる覚え)JBETポーカーで試してみました。

Secret Cash Point(シークレット・キャッシュポイント)ではエベレストポーカーを選んでいましたが私の中では少しJBETの方が

評価が高いのでそちらを選びました。

 

しかし結果は惨憺たるものでした。

最初なので0.02/0.04のテーブルでプレーしたのですがこちらは商材通りタイトにプレーするのですが相手はものすごく

アグレッシブにプレーしてきて結果としてショーダウンまでいかないうちに降りて賭け金が向こうに行くという流れでした。

 

またミスもやってしまいました。

プリフロップでKdKcがきて3BetしたのですがAs2sにコールされカードを引かせてしまいAcQc8sを出させてしまったことです。

結局ショーダウンまで自分自身が吊り上げてしまい自滅してしまいました。

 

商材内ではAA、KK、AK、QQはプリフロップオールインハンドと書かれていました。

もしそういう行動をとっていればAs2sの人はオールインコールしたかどうかは分かりませんが少なくとも私にはこのカードではできません。

 

テキサスホールデムポーカーってやはり一筋縄ではいかないようです。

FISH狩りがをするつもりでいたのですがどうやら私がFISHだったみたいです。

プリフロップで絶対に勝つカードはない。

当たり前であるがプリフロップで絶対に勝てるというハンドはない。

ポーカーは確率を積み重ねるゲームであるためAAがオフスーツの2、3に負けることもありえる。

しかしポーカーは確率を積み重ねるゲームである。

確率にのっとった正しいプレーをすることにより相手がそれに反したプレーをしていれば長期的に見て勝てるゲームで投資の感覚に等しいのである。

 

投資に絶対に勝つなんてことはありえないであう。

100%負けないと言われているブックメーカー投資というのもあるが理論的にはそうだが現実的にはそんなに甘くないのである。

 

つまり勝ったり負けたりを繰り返しながら少しずつバンクロールを増やしていくのが正しいポーカー戦略である。

大切なのは確率を知りクライテリア(プレーの基準)を設けることである。

 

テキサスホールデムでは6人テーブルが一番実力が反映しやすいと言われている。

理由は人数が多いと個々の最初に配られる2枚のカードの強さの差が広がるためまた人数が少ないと逆に縮むためギャンブル的要素が高くなるからである。

 

オンラインポーカーの場合は相手の顔が見えないためオフラインに比べるとブラフが通用しにくいという性質がある。

ポーカーフェイスのないポーカーがオンラインポーカーなのである。

 

そうなるとやはり確率が重要視されてくるのはお分かりいただけると思う。