プリフロップで絶対に勝つカードはない。

当たり前であるがプリフロップで絶対に勝てるというハンドはない。

ポーカーは確率を積み重ねるゲームであるためAAがオフスーツの2、3に負けることもありえる。

しかしポーカーは確率を積み重ねるゲームである。

確率にのっとった正しいプレーをすることにより相手がそれに反したプレーをしていれば長期的に見て勝てるゲームで投資の感覚に等しいのである。

 

投資に絶対に勝つなんてことはありえないであう。

100%負けないと言われているブックメーカー投資というのもあるが理論的にはそうだが現実的にはそんなに甘くないのである。

 

つまり勝ったり負けたりを繰り返しながら少しずつバンクロールを増やしていくのが正しいポーカー戦略である。

大切なのは確率を知りクライテリア(プレーの基準)を設けることである。

 

テキサスホールデムでは6人テーブルが一番実力が反映しやすいと言われている。

理由は人数が多いと個々の最初に配られる2枚のカードの強さの差が広がるためまた人数が少ないと逆に縮むためギャンブル的要素が高くなるからである。

 

オンラインポーカーの場合は相手の顔が見えないためオフラインに比べるとブラフが通用しにくいという性質がある。

ポーカーフェイスのないポーカーがオンラインポーカーなのである。

 

そうなるとやはり確率が重要視されてくるのはお分かりいただけると思う。


コメントを残す