このエントリーをはてなブックマークに追加

チェックレイズ

チェックレイズはたまに見かけるアクションですが、私の見た限りでは割とブラフ絡みであることが多い感じがします。

意外に重要なアクションなので、このページでまとめておきます。

実戦で出た重要と思えるチェックレイズを随時更新していきますので、どういう状況で用いるのか参考にしてみて下さい。

 

 

プレイ1($0.08/0.16) フロップでのブロードウェイカードのペア

プリフロップ $0.24

U

H

C$10.27

D

S(私)$15.76 K♥A♥

B

UとHがフォールド、Cがリンプイン、Dが$0.72へレイズ、私が$2.14へスリーベット、Bがフォールド、Cがコール、Dがフォールドしました。

 

フロップ $5.16 Q♣、Q♦4♥

オーバーカード2枚とバックドアフラッシュドローが出ました。

ポジションが悪い時こういう場面ではほとんどベットが正しいですが、ゲーム参加率やフロップベット率が高い人やショートスタック相手にはチェックレイズも意外に有効です。

私はチェックしました。

するとショートスタックの相手は$2.46をベットしてきました。

相手の残りは$5.67でポットコミットしていない状態(フォールドできないほどリスクに晒している状態)ではないので、私はここでチェックレイズのオールインをしました。

checkraise1

如何にもQを持っていてハメタという感じがしませんか?

相手がQ或いは4、4を持っていればおしまいですが、それ以外はコールしきれないと思います。

ボードにQが2枚見れているということは、1枚よりかは相手がQを持っている確率は低いです。

案の定相手はフォールドしました。

相手がポットコミットをしていないというのが重要で、もしポットコミットをしているベット額でしたらフォールドせざるを得ませんでした。

またここには、負けても$5.49は戻ってくるという計算も含まれていました。

ピュアブラフ

引き目によっては勝てるかもしれないセミブラフに対して、引き目がないかあってもほぼ確実に負けてるであろうハンドで、相手をフォールドさせる意図でベットすることをピュアブラフといいます。

成功すると快感ですが、相手にフォールドされずにショーダウンまでいってしまうと大きな損失を出す可能性があります。

ピュアブラフは相手が本物のカードだった場合と、こちらがアグレッシブプレイヤーと思われている場合は通用しません。

ピュアブラフはタイトプレイヤーが相手だった場合、非常に有効な戦略だと思いますが、それが故に相手をよく選ぶ必要があります。

大切なのは相手の参加ハンドレンジとプレイスタイルをよく読むことです。

そして相手がこちらのレンジをどう読んでいるかも重要です。

ピュアブラフは初心者にはリスクが高すぎてあまり使用しないほうがいいと思います。

 

 

例1、ホールデム ノーリミット ($50/$100、アンティ$20)

プリフロップ($250)

シート1

シート2

シート3

シート49♥J♥

シート5(SB)

シート6(BB)2 ♣、Q♥

シート1、2、3がフォールドして、シート4は$250へベットしました。

シート5がフォールドして、シート6はコールでブラインドを守りにいきました。

 

フロップ($650)T♠、Q♣、T♦

シート6はチェック、シート4は$400をレイズしてそれにシート6はコールしました。

シート4はこの時点でオープンエンドストレートドローで、シート6がフルハウスでない限りアウツは8枚(8、K。9、Jは相手がQ持ちの場合も考慮して含めない。)あります。

このセミブラフは妥当だと思います。

一方Qがヒットしたシート6も相手がTを持っている可能性もありますのでコールは妥当だと思います。

 

ターン($1450)7♠

ラグですが、シート4は更に$900をポットに入れセミブラフを通しました。

Tヒットで無い限り、現状では勝っていると思われるシート6はコールしました。

 

リバー($3250)2♠

ドローを引けずにシート4は何も揃いませんでした。

シート4から見てもとても相手に勝っているハンドとは思えません。

しかしここで更に$2400をベットしました。

これは相手をフォールドさせることを意図したベット以外何ものでもありません。

つまりピュアブラフです。

シート6はコールに応じショーダウンして$8065(レーキ$5)を獲得しました。

2013.8.3p6

これはピュアブラフの失敗例ですが、中々の状況設定だったと思います。

フロップでオープエドストレートドローを引き、フロップとターンでセミブラフ、リバーではストレーレートは引けなかったもののTのトリップスを装ってのピュアブラフは悪くないと思います。

ただ不運だったのが、フロップの時点でQをヒットさせられてたことです。

これではこの額ではさすがにコールされてしまいます。

 

 

例2(2014.9.23)、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)

シート3(私)3♦2♦

シート4

シート5

シート6(D)

3♦2♦のスーテッドコネクターですが、アンダーザガンからのベットはリスペクトされることが多いので$0.48でオープしました。

シート4と6だけがコールしました。

シート4はタグです。

tag1

 

フロップ($1.68)J♦、2♣、A♦

サードヒットとフラッシュドローを引きました。

ポジションは悪いし、相手がタグということもありセミブラフにはもってこいです。

私は$0.84をベット、シート4がコール、シート6がフォールドしました。

 

ターン($3.36)J♥

これは私にとっては嬉しいカードです。

相手は如何せんタグですので、フロップで後ろにもアクションを控えられた立場で、セカンドヒットではコールしてこなかったと多います。

そうなるとトップヒットかドローの可能性が高いです。

今までの強いアクションを継続し、更に$2.14をベットしました。

相手はこれにもコールしてきました。

 

リバー($7.64)4♥

ドローは引けませんでしたが、これはラグっぽいです。

相手のレンジとアクションを考え、唯一負けていそうなのが2のセットですがその可能性は低く、ここはJのトリップスを装いピュアブラフを試みました。

$5.24と少し大目の額をベットすると、相手はフォールドしました。

bluff1

タグ(分別のあるプレイヤー)なら、いくらAのトップヒットと言えどトリップスが見えている状況ではベットしにくいということを利用したのです。

 

 

ピュアブラフはとても有力だと思いますが、使うタイミングとベット額は難しいと思います。

またリレイズされたら基本的にはフォールドすることになります。

上級者になるとストーリーを作ってノーペアでもピュアブラフを打ってきますが、リスクが高く勇気もいると思います。