プリフロップのミス

何事もミスなくして上達する人はいません。

私も例外ではありません。

ここでは私の実戦の中から、プリフロップのミスを取り上げ考察してみようと思います。

 

 

ドミネイトパターンのキッカー負け

0.08/0.16のキャッシュゲーム

プリフロップ$0.24

U$19.02

H

C

D(私)$13.13 A♦T♥

S

B

ややルーズ(VPIP28)だがプリフロップレイズ率がそんなに高くない(PFR17)Uが$0.48でオープン。

HとCはフォールド、私はポジションがあるため参加を決意し、$1.62へレイズ。

SとBはフォールド、Uはコールしました。

 

フロップ$3.48 7♣、K♦、A♠

Uはチェック、私はAがヒットしたので$2.24をベット、Uはコールしました。

 

ターン$7.96 5♣

Uはチェック、私は5♣はブランクだと思い$4.2をレイズ、Uはコール。

 

リバー$16.36 4♦

Uはチェック、私もここに至っては相手はAかK或いは両方をヒットさせており、Aならキッカー負けの恐れもあるためチェックで返しました。

 

ショーダウン$16.36

相手はA♥、Q♣を開きキッカー勝ちした相手がポットを勝ち取りました。

2014.5.10p1

これは完全なプリフロップのミスでした。 PFR17の相手がアーリーポジションからレイズでオープンしている場合は、相手にブロードウェイカードが入っていることが推測できます。いくらポジションがあるためとは言え、A、Tのオフスーツで参加したのはドミネイトされている可能性もあるし、実際にAがヒットしたらキッカー負けを起こす可能性が濃厚です。実際にそのようになってしまいました。アーリーポジションから滅多にレイズでオープンしないプレイヤーが、レイズでオープンしてきた時は要注意です。


コメントを残す