このエントリーをはてなブックマークに追加

リバーのミス

リバーは最後のアクションとなるところです。

ここまでくるとポットも大概は大きくなっていますから、ここでのミスは致命傷になりかねません。

ここでは最後の決断で誤ってしまったハンドを考察します。

 

 

フォールドしそうもない相手へのブラフベット

キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U(私)$14.12 9♣、T♣

H

C

D

S$27.91

B

私が$0.48へレイズ、Sだけがコール。

 

フロップ$1.12 Q♣、4♦、4♣

相手は$0.64をベット、相手は100%のコンティニュエーションベットを打つクジラより、私はセミブラフで$1.86へレイズ、相手はコール。

2014.5.21p2

 

ターン$4.84 A♥

相手は$1.12をベット、これはポットオッズに合うためコール。

 

リバー$7.08 8♥

相手は$3.04をベット、私はブラフで6.08へレイズ。

相手はコールしてK♦、Q♠を開きポットを獲得しました。

2014.5.21p1

私はターンで弱気を見せており、リバーでフォールドしそうにない相手へのブラフベットは間違いでした。

ターンまでのプレイは良かったと思いますが、ターンでバレルが途切れた私としてはリバーでドローが引けなければ、もう諦めるべきハンドだったと思います。

余計なブラフのお陰で$6.08も失ってしまいました。

 

 

相手のハンドがよく分かっていない時のリバーのベット

キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U

H

C

D

S

B(私)$16.65 2♥9♦

U、Hがフォールド、Cがリンプ、Dがフォールド、Sがコール、私がチェックしました。

 

フロップ$0.48 2♠、T♦、J♠

3人ともチェック。

 

ターン$0.48 9♣

Sが$0.3をベット、私はツーペアになったので$0.9へレイズ、Cが何と$1.5へ3ベット、Sと私がコールしました。

 

リバー$4.98 7♥

Sがチェック、私がポットを少し下回る$4.76へレイズ、Cがコールしました。

 

ショーダウン$14.5

相手が7♠、J♥を開きポットを獲得しました。

2014.5.14p1

ただでフロップを見れ、ただでターンでツーペアを作れましたが、フロップでアクションが無かったため実は二人のカードの強さがよく分かっていないのです。

ストレートも見えるこのボードでツーペアを過信し、リバーでポットサイズ近いベットを打ってしまったのは間違いでした。

リバーまできて自分のハンドがよく(ナッツ以外)、相手のハンドがよく分かっていない時、リバーではチェックで回すのが無難そうです。

これはフィル・ゴードンもフィル・ゴードンのポーカー攻略法実践編で言っていました。

p147を引用します。

「相手のストーリーが何を語っているのかよく分からない読めない相手に対して、リバーで中程度の強さのハンドを持っているときは、相手のチェックにはチェックで帰したほうがいい。」

 

 

フラッシュボードへの自殺行為

キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U

H

C(私)$14.72 2♥A♥

D

S$25

B

U、Hがフォールド、私が$0.48でオープン、Dがフォールド、Sがコール、Bがフォールドしました。

 

フロップ$1.12 7♥T♦A♦

相手はVPIP77、PFR6のクジラです。

相手はチェックしてきました。

相手のレンジは相当に広いです。

トップヒットの私は$0.76をベットしました。

相手はコールしました。

 

ターン$2.64 5♦

もし相手がフラッシュドローならこれで完成です。

相手はチェックしてきました。

私は代償を最小限にしたいため、ポットの半分を下回る$1.25をベットしました。

相手はコールしました。

 

リバー$5.14 Q♠

相手はチェックしてきました。

相手がクジラなことを考え、多分フラッシュはないだろうと思い$2.50をベットしました。

次ぎの瞬間$12.41へのチェックレイズが返ってきて、しまったと思いました。

2014.5.11p1

これが相手のデータです。

18というのはリバーでベットする確率です。

私は時間ギリギリまで考えましたが、コールしました。

 

ショーダウン$29.96

相手は6♦K♦を開き、フラッシュを完成させてポットを獲得しました。

2014.5.11p2

痛恨のバカげたプレイでした。プリフロップでの相手のレンジは相当広いです。私のターンまでのプレイはとても良かったと思います。特にターンの$1.25のベットは良かったと思います。ここでチェックしていれば、恐らくリバーで相手はそれ以上の額をベットして、相手の広いレンジを考えると、Aトップヒットの私は間違いなくペイオフしたと思うからです。しかしリバーのベットは余計でした。ボードにフラッシュが見えている状態での、ワンペアのベットは間違いでした。当然最後はチェックに止めショーダウンするべきでした。余計なベットをしたため相手にリレイズされて、トップヒットの私はレンジの広い相手にフォールドしきれなくなってしまったのです。


コメントを残す