トップヒットトップキッカーでも全額勝負は危険

今日はワンペアのトップヒット、トップキッカーについてお話します。

ストレートとフラッシュが見えていないボードで、トップヒットのワンペアが当たった場合、正直「この勝負は貰ったな。」と思いませんか?

さらにトップキッカーだった場合は尚更です。

 

確かに高い確率で勝てると思いますが、結論から言ってしまうと全額突っ込むべきハンドではありません。

なぜなら相手はツーペアやセットを作っている可能性があるからです。

相手のスタックが狭い場合やアグレッシブなプレイヤーなら全額勝負もありだと思いますが、まともなタイトプレイヤーに対してはベットに止めておかないといけません。

 

ポーカーにおいては自分のハンドを過信している時が一番怖いです。

また逆に言うと、こういうプレイヤーがテーブルにいる時は収益を上げやすいです。

 

ターンでK♦が出るや、仗助のKのセットに対してオールインしてきました。

A♦、K♣は確かに強いハンドですが、それゆえに経験の浅いプレイヤーだとオールインしてきます。

 

またこの場合は、もし逆に相手がベットをしてきた場合は仗助もコールに止めておかねばいけないところでした。

なぜならボードにストレートが見えるからです。

ボードにストレートやフラッシュが見える場合は相手も警戒するために、ポットに中々お金を入れてくれません。

ですから、もし相手にストレートかフラッシュができていたらオーバーアクションはしないはずです。

よっていくらAのセットと言えども全額を突っ込むできではありません。

 

話を戻しますが、結論から言ってしまえばワンペアという役は全額突っ込むべきハンドではありません。

収益を上げやすいセット

ところでポーカーにおいて、あなたが一番好きな役は何ですか?

勿論クワッズやストレートフラッシュは大好きですが、私の場合は現実的にセットです。

セットとはポケットハンドに2枚同数のカードがある状態で、フロップ以降でもう1枚同数のカードができてスリーカードが揃う状態です。

ちなみにポケットカードに1枚、コミュニティーに2枚同数のカードが揃いスリーカードができる状態をトリップスといいます。

 

なぜセットが好きなのかといいますと最も収益を上げやすい役だからです。

最初のポケットハンドが同数だったら取り敢えずゲームに参加します。

フロップでもう1枚でてきたらそれでセットです。

 

私の場合フロップでセットができたら、ボードにストレートやフラッシュが見えない限りスロープレイをします。

チェックや弱気なコールをわざとするのです。

少しアグレッシブなプレイヤーはブラフをかけてきますが、そうすればしめたものです。

相手のレイズするままにコールして、フロップでJが出てきた時は危なかったものの見事に収益を上げることができました。

 

セットはトリップスにくらべて読みにくいので少しアグレッシブなプレイヤーは突っ込んできてくれます。

最初のカードがペアになる確率は1/17、その上でフロップでセットになる確率は約9回に1回ですからなかなか揃うものではないのですが、揃った時はボードにストレートやフラッシュが見えない限りはほぼ勝利をものにできます。

 

ただしいくらセットでもオーバーセットには圧倒的に弱いです。

これは、できてしまったらもうしょうがないという事例です。

案外諦めもつきます。

このようなバッドビートをくらったら、もうその日はやめてしまうのがいいでしょう。

Fishの見抜き方

今回はFishプレイヤーの見抜き方について説明したいと思います。

Fishとはいわゆるカモのことで、ポーカー上級者からみたらお客さんのことです。

 

ポーカーには確かに確率に基づいた正しいプレイというものが存在します。

よってこちらが正しいプレイをしていれば相手がそれに反したプレイをした時、自ずとお金がこちらに動いていくようにできています。

Fishプレイヤーとはそのような反したプレイをする人のことです。

ではどういうプレイヤーがFishに該当するのかみていきたいと思います。

 

1、ビッグブラインドを待たずして途中からゲームに参加してくるプレイヤー

これは何もメリットがありません。わざわざビッグブラインドを払って不利なポジションから始めねばならないからです。

ビッグブラインドを待ってから参加するのが普通ですが、途中から入ってきてビッグブラインドを払って参加するプレイヤーは結構多いです。

 

2、Maxバイインを持たずにわざわざショートスタックで参加するプレイヤー

これもメリットがありません。

ポーカーは基本的にはフォールドすることが多く、お金の移動は小額ですが、いい手が入ると利益を上げるチャンスですからその時スタックが小さいとチャンスを最大限に生かせないのです。

ポケットAやポケットKなどは滅多に入るものではなく、その時大きな収益を上げれないというのは辛いです。

 

3、頻繁に参加してくるプレイヤー

ゲームに参加していいハンドレンジはポジションによって変わってきますが、これを無視して毎回のように参加してくるプレイヤーがいます。

大体平均して参加率は5ゲームに1回と言われていますが私の感覚ではもっと少ない気がします。

つまりそれだけ勝率に合わないハンドで頻繁に参加しているということでありFishプレイヤーということになります。

 

4、ショーダウンして負けた後にマックしないでカードを見せるプレイヤー

これも意味がないどころか自分のプレイを相手に曝け出しているようなものです。

特にブラフだった場合は次以降、相手もブラフを考慮に入れた応じ方をしてきますので通用しなくなる可能性も高いです。

自分がどういうプレイヤーか相手にヒントを与えることもないので、それをするプレイヤーはFishプレイヤーということになります。

 

私はこの4つから相手の強さを測るのですが、割りとFishプレイヤーは多いように感じます。

それだけ遊び感覚でやる人が多いということなのですね。

Fishプレイヤーがテーブルにいなくなったらもう切り上げてしまうのがうまい止め時だと思います。

プリフロップオールインハンド

JBETポーカーで今日もプレイしました・・・・が

結局のところ今日も勝てませんでした。

一番痛いのが最後にQd、Qhのハンドでプリフロップオールインしたのですが、Ac、7dで受けて立てこられ場に出たカードがJd、Kd、Ad、9h、5sでバイインを一気に失ってしまったことです。

シークレットキャッシュポイントに適正レートはバンクロールの1/30と書かれていましたがこれは確かに頷けました。

もしこの一回のハンドだけでバンクロールの大半を失ってしまったら、正常の精神状態でプレイすることはできませんからね。

多少の不運に耐えるくらいの資金の分散は確かに必要です。

今回はたまたま負けてしまいましたがこの行動に対しては後悔していません。

毎月100万円以上テキサスホールデムで稼ぐ高木さんの書いたシークレットキャッシュポイントには、AA、KK、QQ、AKはプリフロップオールインハンドと確かに書かれていたからです。

今回はたまたま不運だっただけで長くこの行動をとっていれば必ずプラスに転じると思います。

逆に相手のハンドはプリフロップオールインハンドではないのですが折角なので、A、Xと持っていてコミュニティーカードにAが一枚も出ない確率を求めてみたいと思います。

A、Xを持っているプレイヤーから見て残りの50枚のカードはどこにあるか分からないので、コミュニティーカードの最初の一枚がAでない確率は47/50(Aは50枚の中に3枚残っているため)

二枚目のカードがAでない確率は46/49

同様に三枚目のカードがAでない確率は45/48

四枚目のカードがAでない確率は44/47

五枚目のカードがAでない確率は43/46

よって求める確率は47/50×46/49×45/48×44/47×43/46≒0.72

約72%

逆に言うと28%の確立でAが出ることになります。

相手がプリフロップオールインハンドした場合は上位のペアが揃っている可能性が高く、Ac、7dで勝つには現実的にはAを引き当てるよりなくその確率は28%だとしたら分の悪いギャンブルです。

だから普通はやらないのが正しいプレーなのですがその28%の確率を引き当てられてしまったのが痛いところでした^^;

 

ポーカー用語にマックというのがありますが、マックするとはショーダウンで負けたときや相手が皆途中でフォールドして自分が勝った場合にカードを見せないことです。

見せなくてもいいカードを見せてもただの自己満足でブラフを使っていた場合は、今ブラフをやっていましたとバラスだけなので自分にとって不利益な情報を相手に与えるだけです。

基本的にはマックはしておいた方がよさそうです。

 

13億近く稼ぐポーカープレイヤーにダニエル・ネグラヌというポーカースター所属のプロがいますがその人の年齢は37歳で私と

ほとんど変わりません。

同年代の人には国境を越えても応援したくなります。

プリフロップで絶対に勝つカードはない。

当たり前であるがプリフロップで絶対に勝てるというハンドはない。

ポーカーは確率を積み重ねるゲームであるためAAがオフスーツの2、3に負けることもありえる。

しかしポーカーは確率を積み重ねるゲームである。

確率にのっとった正しいプレーをすることにより相手がそれに反したプレーをしていれば長期的に見て勝てるゲームで投資の感覚に等しいのである。

 

投資に絶対に勝つなんてことはありえないであう。

100%負けないと言われているブックメーカー投資というのもあるが理論的にはそうだが現実的にはそんなに甘くないのである。

 

つまり勝ったり負けたりを繰り返しながら少しずつバンクロールを増やしていくのが正しいポーカー戦略である。

大切なのは確率を知りクライテリア(プレーの基準)を設けることである。

 

テキサスホールデムでは6人テーブルが一番実力が反映しやすいと言われている。

理由は人数が多いと個々の最初に配られる2枚のカードの強さの差が広がるためまた人数が少ないと逆に縮むためギャンブル的要素が高くなるからである。

 

オンラインポーカーの場合は相手の顔が見えないためオフラインに比べるとブラフが通用しにくいという性質がある。

ポーカーフェイスのないポーカーがオンラインポーカーなのである。

 

そうなるとやはり確率が重要視されてくるのはお分かりいただけると思う。