このエントリーをはてなブックマークに追加

運と実力の間

運と実力の間をレビューします。

定価 1300円+税

ページ数 259

著者 木原直哉

初版第1刷発行 2013.6.15

全ての人対象

 

木原直哉と言えば2012年6月にWSOP(世界ポーカー選手権)のポットリミットオマハシックスハンデッドで優勝し、4000万円を獲得すると同時に日本初のブレスレットホルダーになったことで有名です。

しかも東大出で、ポーカープロだったことも驚きでした。

一体どんな人でどんな人生を歩んできたんだろうなと思っていましたが、本屋さんでこの本を見つけて早速買うことにしました。

木原直哉という人がどんな人なのかにも興味はありましたが、ポーカーをどう考えているのかにも興味はありました。

この本は戦術書というよりも読み物で、私の木原直哉氏への疑問を余すところなく答えてくれるものでした。

 

ポーカーというものは日本で言えばギャンブル的な見方があり、あまりいいようには捕らえられていません。

比較的近いのが麻雀なのですが、それよりもマイナーです。

 

しかし私をはじめポーカーに魅せられた人は、ポーカーはただのギャンブル(運ゲー)ではないことを分かっていると思います。

参加するもしないも自由だし、ベッティングラウンドが4回もあってその金額を調節できるので、やはり長期的にみたら実力差は間違いなく反映されやすいのです。

 

この本を読み終えて、著者と自分に幾つかの共通点があることに気づきました。

 

一つは将棋と麻雀も得意なことです。

最近こそ将棋はやっていませんが、以前は道場にも通ったことがあり四段で指していました。

年をとるに従い、将棋の勉強が苦痛になってしまいました。

将棋は勉強しないと勝てないゲームなのです。

麻雀は今でもフリー雀荘へよく行きます。

これは運でカバーできるところもあり四人でやりますから、ごまかしがききやすいのです(笑)

将棋よりも全然楽です。

とは言え、お金を賭けますから真剣味があってやはり疲れますが。

 

一つはポーカーに対しての捉え方は大体一致していました。

ポーカーは実力半分運半分で、常に期待値がプラスになるようなアクションを考え、長期的に見て利益を出すようにするゲームだということです。

つまり投資に近いということです。

投資も常に勝ち続けている人はいなく、勝ったり負けたりしながら勝ち分を増やしていくものです。

またポーカーは運が絡むため、不運なことが立て続けに起こることもあり、その時ティルトにならないように平常心でいられるのも重要だと言っていました。

 

負けている時はプレイを変えてはならず、勝っている時はプレイを変えていいというところにも、正しい考え方だと共感できました。

 

一つはやはりオンラインポーカーに対して、この時代インターネットに繋がる環境があれば、いつでも誰でも多くのハンドを経験できますし、そのプレイを省みることもできますので、その重要性も語っていました。

木原氏自身がネットポーカーで腕を磨いたと言っていました。

ネットポーカーといい、ネット麻雀といい、誰でも短時間で多くのゲームをこなせそれを再現できるのはまさにデジタル革命の賜物で、全体のレベルを飛躍的にアップさせたと思います。

 

最後に勘違いしていた点が、私は木原氏はポットリミットオマハを最も得意としていて、ホールデムはあまりやらないイメージがあったのですが、そんなことはなくたまたま参加して優勝したのがポットリミットオマハだっただったというところです。

この本を読んだ限りではむしろホールデムをメインにしている感じでした。

私の感じとしてはポットリミットオマハの方が随分難しく、よくこのゲームで優勝できたなとしきりに思いました。

 

この本を読んで、木原直哉氏がより身近になった感じがしますので、これからも応援していこうと思います。

木原直哉氏は私もよく遊ぶポーカースターズとの契約プロでもあります。

kiharanaoya

 

ポーカーは人生にも通うずるものがありますので、この本はポーカー上達の手掛かりになると同時に、人生を上手く歩むヒントにも繋がると思います。

おすすめの一冊です。

 

運と実力の間

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編レビュー

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編をレビューします。

定価 2500円+税

ページ数 460

著者 フィルゴードン

監修者 百方恵二

監訳者 松山宗彦

初版第1刷発行 2011.2.3

初心者~上級者向け

 

この本はフィルゴードン自身がライブポーカーやオンラインポーカーのキャッシュゲームやトーナメントをプレイした中で、厳選したハンドを取り上げ、その時どういう考えでどういうアクションを起こしたのか読者と考えられるような作りになっています。

またポーカー以外のことにも触れており、読み物としてみても面白いです。

やはりポーカー一色だと飽きてしまいますが、リアルの描写なども書かれていますと、楽しみながら学ぶことができます。

この本全体を通してフィルゴードンのポーカースタイルを学ぶと同時に、フィルゴードンがどういう人柄なのかも伝わってきました。

 

入門編でホールデムの基礎を学び、実践編でそれをどう生かすのか具体的に学べれば、それだけで強くなる土台は十分に出来上がります。

後はこれらの本と照らし合わせながら自分でプレイしてみて、修正していくだけです。

 

また上級者になっても立ち返って見れば、考え方もより深く理解でき、新たな発見があると思います。

初心者や中級者が疑問に思っていることぐらいは、必ずどこかに答えが提示されていると思います。

 

私はこの本を読んで初めてライブポーカーを体験しましたが、相手の力量が見え、初めてにしてはいいプレイができたと思います。

 

この本で最も素晴らしいと思ったハンドは、トーナメント終盤の第4章の最初のハンドです。

2001年ワールドシリーズオブポーカーの大舞台で、K♣、K♠をプリフロップで自分のスタックの1/6近くをレイズした後に、一流プレイヤーのフィル・ヘルミュースからオールインが返ってきて、彼のカードはA、Aと推測してフォールドする場面です。

彼の状況からブラフは有り得ず、ポーカーテーブルでかってなかったほど確信していて、人生最大のレイダウンになるだろうと書かれています。

そしてその通りでした。

最大のピンチを最小限の損で逃れたと思います。

 

しかしK♣、K♠をプリフロップでフォールドって中々できませんよね。

さすがにフィルゴードンだと思いました。

 

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編をレビューします。

定価 2500円+税

ページ数 330

著者 フィルゴードン

監修者 百方恵二

訳者 佐藤友香、松山宗彦

初版第1刷発行 2010.7.3

初心者向け

 

この本は、私のテキサスホールデムの教科書となっている本です。

エベレストポーカーと専属プロ契約をした、日本人唯一の女性プロポーカープレイヤー、アイスビア(icebeer)さんが訳者に携わり、フィルゴードンのことを「彼のポーカー界における何よりの功績はこの『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』を書きあげたことではないだろうか。」と評しているくらいです。

 

基本的にはこの本は、ライブポーカーとしてテキサスホールデムを取り扱っていますが、戦略的にはオンラインポーカーも同じだと思います。

ポーカーの基本戦略は勿論、テル(癖)やトーナメント戦略、確率と数学、心理学についてまで述べられており、ノーリミットホールデムの全体像を学ぶことができます。

 

またテキサスホールデムを長くやっていると、基本を忘れがちになってしまいますが、そういう時にまたこの本に立ち返って、ずれた感覚を取り戻すのにも最適の良書だと思います。

初心者は勿論中上級者まで、テキサスホールデムをプレイするなら是非携えておきたい著書です。

まさにテキサスホールデムは、『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』で始まり『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』で終わるといったくらいの名著だと思います。

 

中身についての感想を言えば、戦略が確率的に非常に理論正然としており、「捲くり目が薄い時には相手にフォールドしてもらいたいから大きめのサイズのベットを打ち、自分の方がナッツだと思えば小さめのベットで相手についてきてきてもらう。」といった自分の手や相手のアクション、ボードによってベット額を変える説明などは「なるほど。」と頷くものがありました。

 

また「オンラインポーカーにはテルはない。」とも言っていましたが、これに関しては反対でオンラインポーカーもアクションが早かったり遅かったりと、意外にテルはあると思っています。

 

私はオンラインポーカーしかやったことがありませんが、この本を読み終えてからは、相手のテルを見抜こうと二~四面だけでプレイするようになりました。

オンラインポーカーは多面でプレイするのが普通ですが、この本を読んでからはホールデムは自分が考えていた以上に奥が深く、多面でプレイするのを慎むようになりました。

 

また一番影響された言葉が、32ページに書かれている「アグレッシブなプレイこそが、勝てるポーカースタイルである。」というところです。

この言葉こそ、この本の全てを要約しているような一文で、この本により私のポーカープレイで『コール』の割合が劇的に下がりました。

アグレッシブな相手に対して、スモールポケットペアでセットを引きに行く場合は別として、大概の場合はレイズインするポーカースタイルになりました。

 

結果的にこのプレイスタイルにしてから勝率は良くなりましたが欠点もあり、危機的な状況に遭遇する頻度も高くなりました。

つまりバンクロールの振れ幅が大きくなったということです。

しかしテキサスホールデムは、何かヒットする確率の方が低いですから、アグレッシブなブラフ気味のプレイの方が勇気はいるけど、長期的にみたら利益は出るんだなと学びました。

 

以前シークレットキャッシュポイントという情報商材が出ていましたが、その著者の師匠がアイスビア(icebeer)さんです。

そのアイスビア(icebeer)さんもこの本から学んでいますから、『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』はシークレットキャッシュポイントの原型とも言うことができると思います。

実際によく似ている部分も散見されました。

 

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

フィル・ゴードンのデジタルポーカー HUD(統計ツール)でここまで勝てる

フィル・ゴードンのデジタルポーカー ──HUD(統計ツール)でここまで勝てるをレビューします。

定価 2300円+税

ページ数 398

著者 フィルゴートン

監修者 百方恵二

訳者 松山宗彦

初版第1刷発行 2013.7.3

中上級者向け

 

まずこの本は私のポーカースキルを劇的にアップさせてくれた本です。

2013.9.3    $15
2013.9.4    $20
2013.9.5    $35
2.13.9.6     $30
2013.9.7    $28
2013.9.9    $18
2013.9.10  $33
2013.9.11   $12
2013.9.15   $9
2013.9.17   $14
2013.9.18   $12
2013.9.18   $9
2013.9.19   $12
2013.9.20   $4
2013.9.23   $12
2013.9.26   $8
2013.9.27   $5
2013.9.28   $12
2013.9.29   $20
2013.9.30   $22
2013.10.1   $36

これが私の最近のポーカースターズでの収支です。

少ないですがここ6日間連続でプラスの収支で、こんなのは初めてです。

この本に巡り合う前はアクションが全体的に少し弱めで、相手につけこまれる半端なプレイが多かったです。

しかしこの本を読んで、ホールデムマネージャー(統計ツール)を使うことの必要性を感じて取り入れたら、勝率が劇的に上がりました。

今は逆に相手の弱味につけこんでプレイできるようになり、前と逆転しています。

オンラインポーカーの面白味を味わわせてくれたこの本に心から感謝しています。

 

私は一応テキサスホールデムの基本は分かっていたため理解できましたが、読むのに10日程掛かりました。

結構難解な本で、ポーカー中上級者向けの本だと思います。

 

中身は大まかには四部構成になっており、ポーカー2.0の基礎とツール、ノーリミットホールデムに関しての戦術、ポットリミットオマハ(PLO)に関しての戦術、その他・ハンド例集になっています。

特に「神童たち」は著者のフィル・ゴードンが実際にポーカーの若き天才達、フィル・ギャルフォンド、ダニエル・ケイツ、アネット・オブレスタッドから習う場面が書かれておりとても興味深いところでした。

 

ノーリミットホールデムに関しては、トリプルバレルやフロート等の新しい概念が書かれており、プレイの幅を広げてくれました。

特にレンジ対レンジという考え方は自分にとっては真新しかったです。

ここの章は実戦で試しながら何回も繰り返し読んで、本当に理解したいところです。

 

ポットリミットオマハに関しては熟読していませんが、このゲームは5年くらい前のホールデムと同じくらいしか進歩しておらず、プリフロップさえ間違えなければ利益は出ると言ってました。

 

この本を読んだ後では、ドンクベットやスリーベット、コンティニュエーションベット、ブラフ、トリプルバレルなど状況や相手に応じて臨機応変に使えるようになりました。

HUDを取り入れたことにより相手をよく観察する癖がつき、またプリフロップのポジション毎のプレイがより洗練されたものになりました。

 

初心者にとっては難しいと思いますが、中上級者にとては良書なのは間違いありません。

特にローステークス以下では、プレイの幅を広げて勝率をアップさせてくれることは確実です。

 

フィル・ゴードンのデジタルポーカー ──HUD(統計ツール)でここまで勝てる