フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編レビュー

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編をレビューします。

定価 2500円+税

ページ数 460

著者 フィルゴードン

監修者 百方恵二

監訳者 松山宗彦

初版第1刷発行 2011.2.3

初心者~上級者向け

 

この本はフィルゴードン自身がライブポーカーやオンラインポーカーのキャッシュゲームやトーナメントをプレイした中で、厳選したハンドを取り上げ、その時どういう考えでどういうアクションを起こしたのか読者と考えられるような作りになっています。

またポーカー以外のことにも触れており、読み物としてみても面白いです。

やはりポーカー一色だと飽きてしまいますが、リアルの描写なども書かれていますと、楽しみながら学ぶことができます。

この本全体を通してフィルゴードンのポーカースタイルを学ぶと同時に、フィルゴードンがどういう人柄なのかも伝わってきました。

 

入門編でホールデムの基礎を学び、実践編でそれをどう生かすのか具体的に学べれば、それだけで強くなる土台は十分に出来上がります。

後はこれらの本と照らし合わせながら自分でプレイしてみて、修正していくだけです。

 

また上級者になっても立ち返って見れば、考え方もより深く理解でき、新たな発見があると思います。

初心者や中級者が疑問に思っていることぐらいは、必ずどこかに答えが提示されていると思います。

 

私はこの本を読んで初めてライブポーカーを体験しましたが、相手の力量が見え、初めてにしてはいいプレイができたと思います。

 

この本で最も素晴らしいと思ったハンドは、トーナメント終盤の第4章の最初のハンドです。

2001年ワールドシリーズオブポーカーの大舞台で、K♣、K♠をプリフロップで自分のスタックの1/6近くをレイズした後に、一流プレイヤーのフィル・ヘルミュースからオールインが返ってきて、彼のカードはA、Aと推測してフォールドする場面です。

彼の状況からブラフは有り得ず、ポーカーテーブルでかってなかったほど確信していて、人生最大のレイダウンになるだろうと書かれています。

そしてその通りでした。

最大のピンチを最小限の損で逃れたと思います。

 

しかしK♣、K♠をプリフロップでフォールドって中々できませんよね。

さすがにフィルゴードンだと思いました。

 

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編

初めてのライブポーカー体験記

昨日は初めてライブポーカーを体験しました。

AJPC2014の予選に参加したのです。

国際展示場の東京ビッグサイトで開催され、参加無料で予約制のシットアンドゴー方式、50人一組で5名が決勝進出ということでした。

 

シットアンドゴーなのでAM10:00からPM4:00までに会場に行けばいいということだったのですが、テーブル数は限られているため、2:00に到着したらN組に割り当てられ、開始まで1時間30分も待たされました。

参加人数はその日は400~500名はいたのではないかと思います。

 

1テーブルの真中にディーラーさんがいて、カードを配ってくれます。

ルールはオンラインと同じなのですが、ベットの仕方が初心者でしたのでルールに抵触してしまい、注意されてしまいました。

 

まずベットする時はチップを投げ入れてはいけないみたいです。

ベットする金額をまとめて一緒に置くか、ベットする額を言ってから置くかのどちらかです。

また中央のチップはプレイヤーが触ってはいけないみたいです。

 

私がベットする時、いくらあるのか数えようとしたら注意されてしまいました。

数えたい時はディーラーへ言えば、カウントしてくれるみたいです。

また「抜いてください。」と言えば、コールに必要な額も教えてくれます。

 

私がベットしたい時チップを投げ入れてしまったため、最初の一枚しかベットが認められなくなってしまいました。

これが元でレイズしたいのをリンプにしてしまったため、多人数参加になってしまい、痛手も被りました。

 

やり始めてから1時間後、ショートスタックになってしまいましたが、スチールするチャンスが巡ってきました。

ブラインド150/300で、私はJ♠、Q♠でビッグブラインドで、Dまでフォールドでしたが、スモールブラインドがレイズしてきたのです。

私は4000くらいのチップをオールインしたら、6000くらいは持っているスモールブラインドがコールしてきたのです。

相手は女性でしたが、J♦9♥を開きました。

ワンギャップオフスーツコネクタで、上位のカードをドミネイトしています。

これは勝っただろうと思いましたが、フロップでまさかの5♣、9♠、9♦、ターンでT♣、リバーで2♠が落ち、脱落してしまいました。

フロップではまさかの9のトリップスを作られ、ターンではオープンエンドストレートドローで再逆転の余地が出てきましたが、リバーではラグでした。

相手の女性はすまなそうな顔をしていましたが、私は「どうも。」と挨拶をしてその場を去りました。

2014.5.18p1

カードプレイヤーでシュミレーションしてみたら圧倒的な勝率でもなく、4回に1回くらいは負けてしまうみたいです。

 

ライブポーカーはオンラインに比べるとテルが出やすいとは言え、見破るのは容易なことではありません。

しかしこんなこともありました。

ブラインド25/50で、私がアンダーザガンでA♦K♦で150で入り、後ろで400へのスリーベットが入ったのです。

他の全員がフォールドし、私がコールでフロップがK♠、9♥、4♣。

相手が苦笑するのを私は見逃しませんでした。

私が500をベットしたら、1550でリレイズされたのです。

始めの方のハンドなので、最初の脱落者になるのは嫌だったのでフォールドも考えたのですが、少考してそのテーブルで初めてのオールインを宣言しました。

相手はしばらく考え、フォールドしました。

私は大きなスタックを作ることができ、やがてその人が最初の脱落者となりました。

相手はマックしましたが、恐らくQQだったのではないかと思います。

 

ライブは下手な人ほど仕草が出ます。

また先程のオールインコールも9、Jオフスーツで、自分のスタックの2/3も賭けてオールインコールなんかしませんよね。

勿論強いプレイヤーもいると思いますが、前日にフィル・ゴードンのポーカー攻略法実践編のトーナメントの章を読んできた私には、思った程レベルは高くないと感じました。

また機会があれば出てみたいです。

JJハンドの考察

JJハンドは扱うのが難しいと言われています。

私もJJハンドは収支が明らかにマイナスになっています。

ここではJJハンドをどのようにプレイしたのか考察してみようと思います。

 

 

プリフロップでオールイン

1 、キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U$17.52

H$15.66 J♥J♦

C

D

S

B

Uが$0.48へレイズし、私は$1.62へレイズ、Cがフォールド、Dがコール、SとBがフォールド、Uが$3.84へレイズ、私が$7.6へリレイズ、Dがフォールド、Uがオールインしました。

私は少々考えた末にコールしました。

 

ショーダウン$33.18

相手はA♣、A♠を開きました。

フロップで6♦Q♥7♦、ターンで3♣、リバーでK♠が落ちUがポットを獲得しました。

2014.5.16p1

これはちょっと行き過ぎでした。

ショートスタックでもない限りポケットJで、プリフロップでオールインまでいくのはどうも拙そうな感じです。

最初のUのアクションに対して、Hで3ベットしたのは良かったと思います。

後にアクションを起こすプレイヤーがまだ四人も控えていますから、ここはアイソレートしたいところです。

それに後ろの四人のうち誰かが、スクイーズしにこないとも限りません。

しかしUの2回目のアクションに対しては、コールに止めるべきだったと思います。

そしてフロップでセットができずに、Uがアクションを起こしてきたらもう諦めるべきハンドでした。

Uの2回目のアクションに対してリレイズしてしまったため、オールインまでいくのが避けられなくなってしまったということです。

2014.5.16p2

JJではAAに対してプリフロップでオールインして、勝率はほぼ5回に1回しかないのです。

ブラフのハンド考察

セミブラフは確率に基づいたブラフで、もしコールされてしまってもそこそこ高い勝率があるので、フォールドエクイティを考慮して多くのプレイヤーがやってきます。

ここではセミブラフについてハンド考察をしてみたいと思います。

 

 

リバーでのセミブラフ

1、キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

H

C

D$31.71

S(私)$21.75 A♠、3♠

B

HとCがフォールド、標準的なプレイヤーDが$0.4へレイズ、私はコールに止めておきました。

Bがフォールドしました。

 

フロップ$0.96 8♦、Q♠、4♠

ナッツフラッシュドローを得た私は$0.49へレイズしました。

相手は$1.44へレイズし、私はコールしました。

 

ターン$3.84 7♣

はずしてしまいましたが、私はポットサイズに近い$3.48をベットし、相手はフォールドしました。

2014.5.16p3

まずプリフロップでフロップを見たいカードな時、タイトプレイヤーを相手にポジションがない時はできるだけコールに止めポットを小さくしておいた方がいいと思います。

フロップで手頃なサイズにポットを大きくできたのは幸いでした。

リバーでは7♣がラグっぽいので、ポットに近いサイズをベットしていきます。

4回に3回相手をフォールドさせられればよく、コールされてもリバーで7~9枚のアウツ(スペード)は残っています。

ポジションがない場合、ターンでのポットサイズに近いセミブラフは利益が出そうな感じです。

クリス・ファーガソンから学ぶバンクロール管理術

ポーカーで成功を収めるには技術と運、バンクロールの管理が必要と言われています。

今回はバンクロールの管理に焦点を当て、0から$126000ものバンクロールを作り上げたクリス・ファーガソンから学んでみようと思います。

 

クリスファンガーソン

クリスファンガーソンとは1963年4月11日生まれで、カリフォルニア州ロサンゼルス出身です。

両親が数学の博士号を持ち、彼もUCLA大学でコンピューターサイエンスを学び博士号を取得しました。

数学に卓越した能力を持つ彼が、ポーカーに興味を持ったのは不思議なことではないですね。

10歳の頃から父に教えられオンラインポーカーを始め、1995年頃から本格的にプレイし、2000年のワールド・シリーズ・オブ・ポーカーのメインイベントではT.J・クルーチェーを破り優勝し、賞金150万ドル(推定:1億5000万円)を獲得しました。

生涯獲得賞金額は$8ミリオン(8億円)を超えます。

2004年はフルフィルトポーカーの立ち上げを手掛け、フルティルトポーカーのトーナメントにおけるファイナルテーブルで使われるアルゴリズムも開発しました。

ロン毛と髭に黒のテンガロンハットという風貌から、ジーザス(神様)と言われています。

 

彼はポーカーはお金のためにやるのではなく、チャレンジとしてやるというタイプです。

最初の頃もお金ではなく、ポイントを掛けたサイトでプレイしていました。

その彼がなし得た偉大な業績に、バンクロールを0から$100000を超える額にしたというものがあります。

彼はバンクロールの管理の重要性を説き、それを自ら実行し証明したのです。

0から始めるとなると、フリーロールから始めるしかありません。

彼が作り上げた主なルールは以下の4つです。

 

1)キャッシュゲームやシットアンドゴーでバンクロールの5%以上はバイインしない。

2)もし自分のバンクロールの10%以上が1つのテーブルでリスクに晒されたら、そのテーブルは去らねばならない。

3)マルチ・テーブルトーナメントではバンクロールの2%以上のバイインのものには参加しない。

4)リバイトーナメントではバンクロールの0.66%以下のバイインのもののみ参加できる。

 

2006年からこの4つを忠実に守り、フリーロールから始め、ある程度バンクロールができ上がると$1バイインのトーナメントによく参加し、9ヶ月でバンクロールを$100へ増やしました。

億万長者が目覚ましをセットしフリーロールへ参加して、たった$2の賞金を冷や汗をかいて勝ち取ったというのですから驚きです。

先に述べたように、本当にポーカーが好きでないとできないことだと思います。

 

このバンクロール管理のお陰で、どのステークスのどのテーブルでプレイしたらいいのか、自己管理がしっかりとできて、モチベーションも常に100%保てたみたいです。

彼が言うには、いったんステークスを上げると下げるのは辛いそうです。

これは私にもよく理解できます。

しかし彼ですら$0.25/$0.5から$0.05/$0.10へ下げたことがあったそうです。

これは本当に辛かったと言っていました。

負けが込むことは誰にでもあるそうです。

しかし本当にプロポーカープレイヤーとして成功したかったら、自分でバンクロールのルールを作り、それに従わなければいけないと言っています。

それから9カ月の間に、彼は$100を$10000へを超える額まで増やしました。

 

 

私は彼ほど厳しいルールは作れませんが、バンクロールの1/30を超えるテーブルにはバイインしないことにしています。

現時点で$600ちょいのバンクロールがポーカースターズにあり、$0.08/$0.16(Maxバイイン$16)でプレイしていますが、次ぎの$0.10/$0.25(Maxバイイン$25)のステークスになるには$750以上必要ということになります。

逆に$300を下回ってしまえば$0.05/$0.10(Maxバイイン$10)でプレイしなければなりませんが、もしそうなってしまったら本当に辛いだろうなと思います。

しかし逆にモチベーションは維持できそうです。

またその日のハンド数とバンクロールの収支は必ず付けようと思っています。

ホールデムマネージャーを使えば簡単に収支を見ることができます。

 

クリス・ファーガソンのバンクロール管理は参考にしてみて下さい。