このエントリーをはてなブックマークに追加

チェックレイズ

チェックレイズはたまに見かけるアクションですが、私の見た限りでは割とブラフ絡みであることが多い感じがします。

意外に重要なアクションなので、このページでまとめておきます。

実戦で出た重要と思えるチェックレイズを随時更新していきますので、どういう状況で用いるのか参考にしてみて下さい。

 

 

プレイ1($0.08/0.16) フロップでのブロードウェイカードのペア

プリフロップ $0.24

U

H

C$10.27

D

S(私)$15.76 K♥A♥

B

UとHがフォールド、Cがリンプイン、Dが$0.72へレイズ、私が$2.14へスリーベット、Bがフォールド、Cがコール、Dがフォールドしました。

 

フロップ $5.16 Q♣、Q♦4♥

オーバーカード2枚とバックドアフラッシュドローが出ました。

ポジションが悪い時こういう場面ではほとんどベットが正しいですが、ゲーム参加率やフロップベット率が高い人やショートスタック相手にはチェックレイズも意外に有効です。

私はチェックしました。

するとショートスタックの相手は$2.46をベットしてきました。

相手の残りは$5.67でポットコミットしていない状態(フォールドできないほどリスクに晒している状態)ではないので、私はここでチェックレイズのオールインをしました。

checkraise1

如何にもQを持っていてハメタという感じがしませんか?

相手がQ或いは4、4を持っていればおしまいですが、それ以外はコールしきれないと思います。

ボードにQが2枚見れているということは、1枚よりかは相手がQを持っている確率は低いです。

案の定相手はフォールドしました。

相手がポットコミットをしていないというのが重要で、もしポットコミットをしているベット額でしたらフォールドせざるを得ませんでした。

またここには、負けても$5.49は戻ってくるという計算も含まれていました。

ピュアブラフ

引き目によっては勝てるかもしれないセミブラフに対して、引き目がないかあってもほぼ確実に負けてるであろうハンドで、相手をフォールドさせる意図でベットすることをピュアブラフといいます。

成功すると快感ですが、相手にフォールドされずにショーダウンまでいってしまうと大きな損失を出す可能性があります。

ピュアブラフは相手が本物のカードだった場合と、こちらがアグレッシブプレイヤーと思われている場合は通用しません。

ピュアブラフはタイトプレイヤーが相手だった場合、非常に有効な戦略だと思いますが、それが故に相手をよく選ぶ必要があります。

大切なのは相手の参加ハンドレンジとプレイスタイルをよく読むことです。

そして相手がこちらのレンジをどう読んでいるかも重要です。

ピュアブラフは初心者にはリスクが高すぎてあまり使用しないほうがいいと思います。

 

 

例1、ホールデム ノーリミット ($50/$100、アンティ$20)

プリフロップ($250)

シート1

シート2

シート3

シート49♥J♥

シート5(SB)

シート6(BB)2 ♣、Q♥

シート1、2、3がフォールドして、シート4は$250へベットしました。

シート5がフォールドして、シート6はコールでブラインドを守りにいきました。

 

フロップ($650)T♠、Q♣、T♦

シート6はチェック、シート4は$400をレイズしてそれにシート6はコールしました。

シート4はこの時点でオープンエンドストレートドローで、シート6がフルハウスでない限りアウツは8枚(8、K。9、Jは相手がQ持ちの場合も考慮して含めない。)あります。

このセミブラフは妥当だと思います。

一方Qがヒットしたシート6も相手がTを持っている可能性もありますのでコールは妥当だと思います。

 

ターン($1450)7♠

ラグですが、シート4は更に$900をポットに入れセミブラフを通しました。

Tヒットで無い限り、現状では勝っていると思われるシート6はコールしました。

 

リバー($3250)2♠

ドローを引けずにシート4は何も揃いませんでした。

シート4から見てもとても相手に勝っているハンドとは思えません。

しかしここで更に$2400をベットしました。

これは相手をフォールドさせることを意図したベット以外何ものでもありません。

つまりピュアブラフです。

シート6はコールに応じショーダウンして$8065(レーキ$5)を獲得しました。

2013.8.3p6

これはピュアブラフの失敗例ですが、中々の状況設定だったと思います。

フロップでオープエドストレートドローを引き、フロップとターンでセミブラフ、リバーではストレーレートは引けなかったもののTのトリップスを装ってのピュアブラフは悪くないと思います。

ただ不運だったのが、フロップの時点でQをヒットさせられてたことです。

これではこの額ではさすがにコールされてしまいます。

 

 

例2(2014.9.23)、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)

シート3(私)3♦2♦

シート4

シート5

シート6(D)

3♦2♦のスーテッドコネクターですが、アンダーザガンからのベットはリスペクトされることが多いので$0.48でオープしました。

シート4と6だけがコールしました。

シート4はタグです。

tag1

 

フロップ($1.68)J♦、2♣、A♦

サードヒットとフラッシュドローを引きました。

ポジションは悪いし、相手がタグということもありセミブラフにはもってこいです。

私は$0.84をベット、シート4がコール、シート6がフォールドしました。

 

ターン($3.36)J♥

これは私にとっては嬉しいカードです。

相手は如何せんタグですので、フロップで後ろにもアクションを控えられた立場で、セカンドヒットではコールしてこなかったと多います。

そうなるとトップヒットかドローの可能性が高いです。

今までの強いアクションを継続し、更に$2.14をベットしました。

相手はこれにもコールしてきました。

 

リバー($7.64)4♥

ドローは引けませんでしたが、これはラグっぽいです。

相手のレンジとアクションを考え、唯一負けていそうなのが2のセットですがその可能性は低く、ここはJのトリップスを装いピュアブラフを試みました。

$5.24と少し大目の額をベットすると、相手はフォールドしました。

bluff1

タグ(分別のあるプレイヤー)なら、いくらAのトップヒットと言えどトリップスが見えている状況ではベットしにくいということを利用したのです。

 

 

ピュアブラフはとても有力だと思いますが、使うタイミングとベット額は難しいと思います。

またリレイズされたら基本的にはフォールドすることになります。

上級者になるとストーリーを作ってノーペアでもピュアブラフを打ってきますが、リスクが高く勇気もいると思います。

インプライドオッズとエクイティ

今回はインプライドオッズとエクイティについて考えていこうと思います。

インプライドオッズとは、ポットに投入する金額と勝てばリターンされる金額が、勝率に合うかどうかを計算したものです。

エクイティとは株の世界では株主の所有者利益のことを表しますが、ポーカーの世界ではゲームに参加している人が各々手の強さやアクションからポットの配分率がどれくらいかを計算したものです。

では早速見ていこうと思います。

 

例1)

inprideodds1

これがプリフロップ前の状況設定です。

私のポジションはD(ディーラー)で、3♣、5♣のワンギャップスーテッドコネクタが配られました。

決して強いカードではないですが、ドミネイトされにくいカードです。

プリフロップでU(アンダーザガン)はフォールド、H(ハイジャック)は$0.32をベット、C(カットオフ)はフォールド、私が$0.96へレイズ、S(スモールブラインド)、B(ビッグブラインド)がフォールド、Hがコールしました。

 

inprideodds2

これがフロップの状況です。

私にはオープンエンドストレートドローとバックドアフラッシュドローがヒットしました。

相手はチェックしてきました。

ホールデムマネージャーのデータでは、VPIP42でフィッシュマークがついています。

相手が♦のフラッシュドローなら話は別ですが、その確率は低くターンかリバーでAか6が落ちたらほぼ勝利をものにできそうです。

ではその確率を求めてみます。

 

ホールデムで使われるカードは52枚、今分かっているカードは5枚で、残りの47枚(相手のカードも未知なのでここに含む)にAと6の計8枚のカードは含まれています。

逆に言うと39枚がAか6以外のカードということになります。

よってターンでストレートが完成しない確率は39/47。

ターンでストレートが完成しなければ未知のカードは46枚になり、その中の38枚がAか6以外のカードということになり、よってリバーでストレートが完成しない確率は38/46。

以上よりターンでもリバーでもストレートが完成しない確率は39/47・38/46。

余事象の考え方からターンかリバーでストレートが完成する確率(Aか6が落ちる確率)は1-39/47・38/46≒0.3145となり、ほぼ30%。

 

つまりショーダウンまでいけば、フロップの時点では勝率は30%といえます。

よってターンとリバーでポットに投入する金額がリターン額に占める割合が30%を切れば、オッズは自分にとって好都合なものと言えます。

 

実際には相手がフォールドする可能性も小さくなく、エクイティで見たらターンとリバーでポットに投入する金額がリターン額に占める割合が40~50%くらいはあっても長期的に見たら元は取れそうです。

このようにポーカーのエクイティとは完璧に計算できるものではなく、不確実な推測された変数を含んで計算されます。

これは相手のタイプや相手のハンドの強さという、不明確な事象も考慮しなければならないからです。

 

そこで私は$1.28をベットしました。

これはフォールドされてもコールされてもどちらでもいいという微妙な額(ポットの6割相当)です。

相手はコールしてきました。

 

inprideodds3

これがターンの状況です。

オープンエンドストレートドローに加え、バックドアフラッシュドローができました。

Aか6か♣が落ちれば勝利をものにできそうです。

相手はまたもチェックしてきました。

ではリバーでAか6か♣が落ちる確率を求めてみます。

 

A♥A♦、A♣、A♠、6♥6♦、6♣、6♠、4♣、8♣、9♣、T♣、J♣、Q♣、K♣は全部で15枚。

未知のカードは46枚

よって15/46≒0.326

ショーダウン勝率は約33%で、3回に1回は勝てる計算になります。

 

そこで私はポットの2倍近い$8.77をベットしました。

相手がコールすればリターンされる金額は4.72+8.77×2=22.26

投資リターン比率は8.77/22.26≒0.394

約40%でインプライドオッズをやや上回る比率ですが、フォールドエクイティを考慮すればこのくらいでもいいと思います。

 

inprideodds4

結局相手はフォールドして私がポットを勝ち取りました。

ポット相当のベット額でしたら相手にコールされ、リバーで何も落ちないという可能性も低くはなかったと思います。

フォールドエクイティをものにできたということになります。

このようにフォールドエクイティを考慮すると、インプライドオッズに合わないベット額でも長期的に見ると利益が出そうです。

 

例2)

inprideodds5

これがプリフロップ前の状況です。

Uがフォールド、Hが$0.48でレイズ、Cがフォールド、Dの私がコール、SとBはフォールドしました。

ちなみにQ、Jスーテッドではレイズも有力だと思いますが、ポジションがある時はコールでフロップを見にいくのも全然ありだと思います。

 

inprideodds6

これがフロップです。

フラッシュドローとガットショットストレートドローができました。

ここで相手は$0.72をベットしてきました。

どうもKがヒットしているみたいです。

さてターンかリバーでドロー(Tか♠)を引ける確率を求めてみます。

 

ドロー(アウツ)は3♠、4♠、5♠、6♠、7♠、8♠、9♠、T♠、T♣、T♦T♥、A♠の12枚

未知のカードは47枚よりアウツ以外のカードは35枚

よってターンでドローが引けない確率は35/47

リバーでもドローが引けない確率は34/46

ターンでもリバーでもドローが引けない確率は35/47・34/46

余事象よりターンかリバーでドローが引ける確率は1-35/47・34/46≒0.44958

つまりほぼ1/2の確率でドローは引けることになります。

 

2回に1回勝てるならショーダウンしても長期的に見たらトントンなので、ここはフォールドエクイティで利益を最大にしたいためセミブラフを決行することにしました。

インプライドオッズを考えると、オールインまでいったとしてもポットの$1.2分得する勘定になります。

私は$1.44へレイズし、相手はコールしてきました。

 

inprideodds7

これがターンです。

フロップのコールより、相手はKを持っていることを確信しました。

ターンでJ♥が落ちましたが、あまり喜べたカードではありません。(ワンペアなら相変わらず現状では負けていそうだし、相手にもドローの目ができた可能性が高いから。)

相手はチェックしてきました。

ここでリバーでドローが引ける可能性を求めてみます。

 

ドローは先程の3♠、4♠、5♠、6♠、7♠、8♠、9♠、T♠、T♣、T♦T♥、A♠に加えてJ♣、J♦の14枚に増えました。

未知のカードは46枚よりドローが引ける確率は14/46≒0.304347

ほぼ30%です。

 

インプライドオッズを考えるとここはポット以下のベットが望ましいようです。

私は$2.80をベットしました。

相手はコールしました。

ちなみにインプライドオッズは(ポットの金額+自分がポットに投入する金額+相手のコール金額)/自分がポットに投入する金額:1で表され、(4.08+2.8+2.8)/2.8≒3.457より3.457:1ということになります。

ブレイクイーブンパーセンテージ(BEP)は1/(3.457+1)≒0.224366

よりBEPはほぼ22.4%です。

これは勝率が22.4%あれば長期的に見て、利益は±0になるということです。

勝率はほぼ30%なので、ターンだけ見ても十分に利益は出るプレイといえそうです。

 

inprideodds8

これがリバーです。

いよいよ待望のドローが引けました。

相手はまたもチェックです。

相手がA♠、X♠でない限りはナッツです。

私は引き続き$5.24をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

inprideodds9

相手はK♥Q♦を開き、私がポットを勝ち取りました。

これは上手くいき過ぎましたが、仮にインプライドオッズが合ってなかったとしても、フォールドエクイティとアウツを引いた時に得られる金額が大きいと見込めれば、やはりポットにお金を入れていく勝ちは十分にありそうです。

JJハンドの考察

JJハンドは扱うのが難しいと言われています。

私もJJハンドは収支が明らかにマイナスになっています。

ここではJJハンドをどのようにプレイしたのか考察してみようと思います。

 

 

プリフロップでオールイン

1 、キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U$17.52

H$15.66 J♥J♦

C

D

S

B

Uが$0.48へレイズし、私は$1.62へレイズ、Cがフォールド、Dがコール、SとBがフォールド、Uが$3.84へレイズ、私が$7.6へリレイズ、Dがフォールド、Uがオールインしました。

私は少々考えた末にコールしました。

 

ショーダウン$33.18

相手はA♣、A♠を開きました。

フロップで6♦Q♥7♦、ターンで3♣、リバーでK♠が落ちUがポットを獲得しました。

2014.5.16p1

これはちょっと行き過ぎでした。

ショートスタックでもない限りポケットJで、プリフロップでオールインまでいくのはどうも拙そうな感じです。

最初のUのアクションに対して、Hで3ベットしたのは良かったと思います。

後にアクションを起こすプレイヤーがまだ四人も控えていますから、ここはアイソレートしたいところです。

それに後ろの四人のうち誰かが、スクイーズしにこないとも限りません。

しかしUの2回目のアクションに対しては、コールに止めるべきだったと思います。

そしてフロップでセットができずに、Uがアクションを起こしてきたらもう諦めるべきハンドでした。

Uの2回目のアクションに対してリレイズしてしまったため、オールインまでいくのが避けられなくなってしまったということです。

2014.5.16p2

JJではAAに対してプリフロップでオールインして、勝率はほぼ5回に1回しかないのです。

ブラフのハンド考察

セミブラフは確率に基づいたブラフで、もしコールされてしまってもそこそこ高い勝率があるので、フォールドエクイティを考慮して多くのプレイヤーがやってきます。

ここではセミブラフについてハンド考察をしてみたいと思います。

 

 

リバーでのセミブラフ

1、キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

H

C

D$31.71

S(私)$21.75 A♠、3♠

B

HとCがフォールド、標準的なプレイヤーDが$0.4へレイズ、私はコールに止めておきました。

Bがフォールドしました。

 

フロップ$0.96 8♦、Q♠、4♠

ナッツフラッシュドローを得た私は$0.49へレイズしました。

相手は$1.44へレイズし、私はコールしました。

 

ターン$3.84 7♣

はずしてしまいましたが、私はポットサイズに近い$3.48をベットし、相手はフォールドしました。

2014.5.16p3

まずプリフロップでフロップを見たいカードな時、タイトプレイヤーを相手にポジションがない時はできるだけコールに止めポットを小さくしておいた方がいいと思います。

フロップで手頃なサイズにポットを大きくできたのは幸いでした。

リバーでは7♣がラグっぽいので、ポットに近いサイズをベットしていきます。

4回に3回相手をフォールドさせられればよく、コールされてもリバーで7~9枚のアウツ(スペード)は残っています。

ポジションがない場合、ターンでのポットサイズに近いセミブラフは利益が出そうな感じです。

カードをプロテクトする

テキサスホールデムというのは、基本的には自分のカードの方が強いと思えばベットして、相手に逆転の余地を与えないゲームです。

スロープレイというのもありですが、条件が整わない限りはやはりベットしていくのがセオリーです。

ここではカードをプロテクトする例を紹介します。

 

 

捲くられる余地のあるツーペア

キャッシュゲーム$0.08/0.16

プリフロップ

U$39.47

H

D

S

B(私)$20.81 A♣、8♣

VPIP35、PFR28のそこそこアグレッシブなプレイヤーがUから$0.48へオープンしました。

H、D、Sとフォールドし、私は$1.62へ引き上げました。

Uはコールでついて来ました。

 

フロップ$3.32 8♠9♥A♦

ツーペアをヒットさせた私は$1.86をベット、相手は$3.84へリレイズしてきました。

相手の強いアクションから考えて、相手がAを持っていたらもう1枚のカードも絵札の可能性が高く、ターンかリバーでそれらが落ちるのは見たくありません。

私がボードにある2枚をヒットさせたため、相手がセットになっている可能性は低く、私はオールインしてこのハンドをプロテクトすることにしました。

相手は少々考えてフォールドしました。

2014.5.10p4

プリフロップ、フロップと相手のアクションが強い場合には、本物のカードである可能性が高いです。

こういう場合はポットも大きくなっているため、もし自分のカードの方が勝っていそうなら、ナッツでもない限りはオールインして自分のハンドをプロテクトする方がいいです。

間違ってもスロープレイして、相手にフリーカードを与えてはいけません。

ペアハンドの扱い方

ペアハンドというのはプリフロップではとても喜ばしいハンドですが、フロップ以降はセットにならなければただのワンペアです。

フロップでオーバーペアならまだしも、自分のペア以上のカードが落ちると少し困ってしまいますよね。

プリフロップでペアハンドというのをどうやって扱ったらいいのか、ここでは私の実戦を元にペアハンドの扱い方を考察してみようと思います。

 

 

損切り

キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U

H

D(私)T♣、T♥

S

B

Uが$0.48へレイズ、Hがフォールド。

私は$1.62へ引き上げましたが、理由はUがフロップでコンティニューエーションベットを打ってくる確立が高く、ここでフォールドさせたかったからです。

Sがコール、BとUはフォールドしました。

 

フロップ$3.88 K♠、3♦、2♣

Sは$1.9へ引き上げました。

相手のデータはややルーズだがまともなプレイヤーで、フロップのコンティニュエーションベット率は50%でした。

これはブラフの可能性もありそうです。

フロートもいいのですが相手はターンのコンティニュエーションベット率も50%で、ターンでTがセットにならなければこれ以上プレイし続けるのが難しくなるので、私は$3.8へレイズしました。

少し勿体ないかもしれませんが、ここで自分の立ち位置をはっきりさせたかったからです。

すると相手はオールインしてきました。

さすがにTのワンペア以上はあるのだろうと思い、私はフォールドしました。

2014.5.10p3

さすがにブラフでないと思ったらボードにKが見えている状態では、Tのワンペアではオールインコールはしきれません。

このプレイで$5.42ほど失いましたが、相手にカードの強さを露呈させて損を最小限に食い止めたこのプレイはそれなりに良かったと思います。

ほとんどフロップのプレイかもしれませんが、Tのようなやや強めのペアで、オープンしているプレイヤーのコンティニュエーションベット率が高い場合は、ポジションが良くてもフォールドエクイティを狙い3ベットで入るケースが多いです。

やはりフロップでセットにならない確率の方が圧倒的に高く、ブロードウェイカードが落ちると厄介だからです。

 

 

高いインプライドオッズでセットを引き当てる

キャッシュゲーム$0.08/$0.16

プリフロップ$0.24

U

H$27.86

C(私)$15.76 3♥、3♠

D

S$15.60

B

Uがフォールド、VPIP79のHが$0.48でオープン、私はこのアグレッシブプレイヤーに対して安くセットを作りペイオフさせたいと思いコール、Dがフォールド、VPIP40とこれまた高いSが$2.08へレイズしました。

Hがコール、私はポジションがいいしSはスクイーズの可能性も高いことからコールを選びました。

 

プリフロップ$6.4 3♣、Q♥9♦

Sが$4.48をベット、Hがフォールド。

セットを引き当てた私は、SはQをヒットさせている可能性も高くターンかリバーでQが落ちると目も当てられないので、$8.96へレイズしました。

Sはコールしました。

 

ターン$24.32 7♦

Sはチャック。

私はリバーでQが落ちるとまずいので、$4.64をレイズし彼へオールインを促しました。

Sはフォールドして私がポットを勝ち取りました。

2014.5.10p2

相手はブラフだったのかもしれませんが、フリーカードを与えないこのプレイは良かったと思います。

プリフロップで二人の$2.08へコールしましたが、多人数参加の場合と、セットを作った時大きくペイオフしてくれそうだったら(この場合二人のアクションが強いため、フロップ以降もポットが大きくなることが予想される。)、ペアハンドでコールしこのように安くセットを作りにいくのはありだと思います。セットができる確率は約1/9ですが、$2.08(投資した額)×9=18.72<$23.23(得られた額)よりこの投資は正しかったと言えそうです。逆に言うとセットを作った時9倍以上の見返りがなければ割りが合わないということになりますが、そういうわけでもないのです。特にポジションがいい場合は、相手のプロフィールを考慮し、ボードによってはいくらでもストーリーを作っていけますからね。

ポケットペアのプレイの仕方

今回はポケットペアはどうやってプレイするかを考察してみようと思います。

 

プリフロップレンジ表によると、ポケットペアは全て上位40%のレンジに含まれています。

つまり一番弱いポケットペア22でも、上位から40%目に当たるということです。

勿論AAが最強になります。

 

ポケットペアはフロップでセットになるとメチャクチャに強力で、ボードにフラッシュかストレートが見えていない時は、ほぼ勝利をものにできます。

勿論オーバーセットを作られて負けることもありますが、確率は相当に低いです。

例えばこのような例ですが、セットができると中々フォールドできないのですよね(笑)

こういう時は割り切ることにしています。

 

逆にフロップでセットができない時、ボードにそれより上位のカードが落ちると目がくらみます。

また中位のペアでフロップがそれ未満の数のカードだったとしても、オーバーペアの存在を考えるとそれほどえばれた立場でもなくなります。

 

つまりAA、KK、QQ以外のポケットペアはフロップでセットができなければ、それ以降の展開が相当苦しくなることが予想されます。

しかしもセットができる割合は9回に1回しかありません。

 

こうして見ると中位以下のポケットペアはそんなに美味しいハンドとも思えませんね。

 

ポケットペアとは基本的にはプリフロップでベットして相手をフォールドさせるハンドです。

 

 

では実戦の中からポケットペアのプレイを考察してみます。

 

1、まず私は基本的に、テキサスホールデムにおいてポジションが悪い状態でプレイすることを極端に嫌います。

これはフロップではプリフロップから良くなる方が確率が低く、何も状態が変わらないケースの方が多いため、大半は苦しい状態から先にアクションを起こさなければならないからです。

ポケットペアの勝ち方の基本は、ポジションのいい状態でプリフロップでリードし(自分がベットして相手にコールさせること。)、フロップでお互いに何も揃わずポジションの悪い相手にチェックをさせ、自分がベットして相手をフォールドさせるのが理想です。

 

pocketpair1

フロップでポジションのいい状態でヘッズアップに持ち込み、何も揃わなかった相手にチェックをさせ、自分がベットをして相手をフォールドさせるところです。

リードしている状態ですと、こういう流れに誘えやすいです。

HUDでフロップベットフォールドの割合が高い相手には特に有効です。

 

2、どんなペアでも多人数参加を除いてレイズインします。

フロップ以降、勝っていそうだったらほとんどの場合はベットします。

相手にドローを引かれ逆転されたくないからです。

ワンペアは基本的にはスロープレイはしません。

しかしボードにフラッシュやストレートが見える場合は、ポットがこれ以上大きくならないように努めなけばなりません。

 

pocketpair2

KKですが、いやなフロップです。

ボードにフラッシュドローとストレートドローが見えるのでベットしましたが、相手にコールさせターンで♣が落ちました。

こうなるともう強くは出れません。

ターン以降は攻守交替です。

チェックして相手にベットされ、仕方なくコールしているところです。

 

3、ポジションが悪い状態ですと、相手のベットに対してミドル以下のペアはフォールドすることもしばしです。

やはり苦しい状態(フロップでセットにならなかった状態)で、先にアクションを起こすのが嫌だからです。

 

pocketpair3

BBで77ですが、先にベットが入ったためここはフォールドしました。

 

4、3とは逆に相手よりポジションがいい状態ですと3ベットを試みることが多いです。

 

pocketpair4

コールではなく3ベットをするのは、やはりフロップではセットができないと仮定した場合、これ以上強くはいけないからです。プリフロップの段階で相手をフォールドさせたいところです。

 

pocketpair6

ポジションがいい状態ですと、逃げれる範囲でフロップでもレイズしていきます。

 

5、フロップでセットができてもボードにドローが見えるようならプロテクトする。

ポケットペアがフロップでセットになると、つい勝った気になってしまいますが、これは一番危ないです。

私はこれで随分と痛い目に遭いました。

 

pocketpair5

フロップでセットになりましたが、これ以降ボードに8が落ちるととても危険な状態になります。

こういう時はオールインして手をプロテクトします。

 

6、いくらポジションが良くても3ベットが入った後は、中位以下のペアはフォールドする。

いくらポケットペアでポジションがよくても、3ベットが入った後では少し考えます。

 

pocketpair7

ディラーで77ですが、3ベットが入った後なので私はフォールドしました。

ルースなプレイヤーに対しては4ベットを仕返すこともありますが、タイトなプレイヤーに対してはまずフォールドします。

 

7、多人数参加の場合はコールで入り、安くフロップを見にいく。

多人数参加の場合はレイズしないでコールに止め、安くセットを作りにいきます。

 

pocketpair8

このように参加者が多い時はレイズしないでコールに止め、安くフロップを見にいきます。

この場合は勿論フロップでセットができなければ、チェック、フォールドすることになります。

多人数参加ですとインプライドオッズが良くなるということですね。

 

8、3ベットでレイズインしても4ベットが入れば、中位以下のポケットペアはさすがにフォールドします。

 

pocketpair9

99で3ベットでレイズインしましたが後ろのプレイヤーに4ベットが入ったので、ここはフォールドしました。

相手がオーバーペアの可能性もあり、このままゲームに参加していると、とばっちりを喰うかもしれません。

 

9、AA、KK、QQのポケットペアならフォーベットに対してはオールインする。

 

pocketpair10

私がQQで3ベットした後に、レイズインした相手が4ベットをし返してきました。

QQなのでここはオールインします。

AA、KK、QQは確かに強いハンドですが、フロップ以降はただのペアでしかありません。

よってここで相手に強い決断を迫って、フォールドさせるのが狙いです。

この場合相手がAA、KKならしょうがないと諦めるしかありません。

 

 

以上がワンペアの代表的なプレイのパターンになります。

実際には相手がどういうプレイヤーかにもよるため、HUDのデータと照らし合わせてアクションを決定します。

例えばあまりにもタイト過ぎるプレイヤーに対しては、ブラフベットは避けたいですからね。

 

ポケットペアというのは基本的にはプリフロップでベットして相手をフォールドさせ、フロップ以降はセットにならなければポットが膨らまないようにプレイするハンドです。

プリフロップのインプライドオッズに対しての考え方

テキサスホールデムにはよくインプライドオッズという言葉が出てきます。

インプライドオッズとは、ポットに入れる金額(リスク)がリターンに見合うかどうかという意味で用いられます。

この考え方は結構重要で、普段なら参加しないハンドでもインプライドオッズが合うなら参加する価値は十分にあります。

では早速具体例を見ていきます。

 

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(BB)

シート2(私)7♦8♦

シート3

シート4(D)

シート5(SB)

7♦8♦のスーテッドコネクタを得た私は標準レイズ額の2.5BBである$0.4でレイズインしました。

するとシート3は$1.36へ3ベットしました。

このプレイヤーに関しての情報はありませんが、まだ他に3人のアクションが残っているため、この3ベットはハンドの強さを表しています。

上位のペアか上位のスーテッドコネクタと読み、全員がフォールドすれば私もフォールドするつもりでした。

しかしシート4、5がコールしてきました。

シート1はフォールドしてアクションは再び私に回ってきました。

ポットは$4.64になっていて、これなら$0.96をコールするに十分な金額になっています。

もしシート4、5もフォールドしていればポットには$2しかなく、自分より強そうなハンドに対してポットの半分近い$0.96を入れてまでフロップを見にいく気になれません。

二人が$1.36にコールしたことによりポットが大きくなっているから、多少勝率は悪そうでも私もコールする気になったというところに注目して下さい。

つまりポットが大きくなったことにより、私が参加するインプライドオッズが見合ってしまったということです。

私もコールして4人でフロップを見にいきます。

 

フロップ($5.6)K♦6♥2♦

このフロップは私にとっては有り難いです。

フラッシュドローを引き当てた私は、セミブラフで相手を降ろしにいきます。

私はポットに$5を入れました。

他の3人はフォールドしました。

私は$5.35(レーキ$0.25)を獲得しました。

implied odds

 

このようにポットが大きくなったらそれに伴い参加ハンドレンジも広がることを頭に入れておいて下さい。

セミブラフ

セミブラフについて説明します。

セミブラフとは自分がベストハンドになり得るかどうかは分からないけど、ベストハンドになり得る引き目がある時に打つベットです。

このベットには相手に降りて貰うという意味合いがあり、もし相手にコールされてしまっても勝ち目も残っているという強みはあります。

ベットを打つ段階では相手より弱い手と考えられるのでブラフの一種になります。

主にフラッシュドローの時に使われることが多いです。

 

例1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3(SB)

シート4(BB)

シート5(私)A♠、J♠

A持ちのツーギャップスーテッドコネクタで悪いハンドではなく、私は$0.48でレイズインしました。

シート1がフォールド、シート2は$1.44へレイズしました。

シート3、4がフォールドして再びアクションは私に回ってきました。

私はコールしました。

 

フロップ($3.12)5♠、9♦、6♠

ラグっぽい感じですが、私はエースハイのフラッシュドローです。

現状ではブタですが1/3の確率でフラッシュドローが引けるので、ここはその強みを利用して$2をベットしました。

これがセミブラフです。

すると相手は$5.28へレイズしてきました。

プリフロップでのアクションといい、私は相手の手をオーバーペアだと読みました。

アウツは9枚(残りの♠)あります。

4倍の法則によると36%、近似的に見てやはり私の勝率は1/3です。

しかしスタックが相手のベット額の3倍以上あるため、ここでオールインすれば相手がフォールドしてくれるフォールドエクイティも期待することができます。

私は残りの$12.67をオールインしました。

セミブラフのオールインです。

相手は考慮した末にフォールドしました。

私は$13.06(レーキ$0.62)を獲得しました。

 

実際にはフラッシュドローは引けない確率の方が高いのに、ターンとリバーでその引き目があるという強みを最大限に主張しているのが分かると思います。

 

 

例2、ホールデム ノーリミット ($25/$50)

プリフロップ($75)

シート1(SB)

シート2(BB)

シート3

シート4

シート5

ハイステークスのテーブルになります。

シート3、4がフォールドしました。

シート5は$100へレイズしました。

シート1は$400へレイズしました。

シート2はフォールド、シート5はコールしました。

 

フロップ($850)2♥、5♣、3♣

シート1が$423.5をベットしました。

するとシート5は$847へレイズしました。

そこでシート1はなんと残りの$6344をオールインしてしまいました。

これに対してシート5は長考の末に$4112.53をオールインコールしてしまいました。

 

ショーダウン($10769.06)

総額にして100万円以上の勝負になりました。

シート1が10♣、J♣でシート5が5♥4♥を開きました。

1回目のターンとリバーが9♠、T♥でシート1の勝ち。

2回目のターンとリバーが6♣、2♦でこれもシート1の勝ち。

こうしてシート1が$10769.06もの非常に大きなポットを獲得しました。

 

これもセミブラフなのが分かると思います。

シート1はフロップでのオールインに対して、もしコールされてしまってもドローの引き目があることを押し出しています。

しかもポットが$10000を越えるために勝負が2回に分かれ、そのうちの一回は確率的にドローが引けるというのが計算に入っています。

 

Card Playerで勝率を調べてみますとこんな感じでした。

そんなに勝率差はありませんが、僅かに高い方が2回とも負けてしまいました。

 

 

セミブラフは個人的には非常に有効な戦略だと思います。

ピュアブラフ(何も揃っていないブラフ)と違って万が一コールされてしまっても勝ち目は残ります。

そしてほとんどの場合は相手がフォールドしてくれるというフォールドエクイティが期待できます。

こういうブラフは精神的にもやりやすいと思います。

 

フラッシュドローの場合ですとターンかリバーでドローが引ける確率は1/3であるため、全部コールされたとしても 3回に1回は大きく勝てるということです。

残りの2回は大きく負けてしまいますが、何より全てコールされるわけではなく、ほとんどの場合は相手がフォールドしてくれることを考慮すると勝率は大分高くなります。

そして長期的に見てこのプレイは利益が出ると言われています。

 

自分のカードに強みが残っているうちに、恐らく自分より強いと思われる相手をフォールドさせるというのはポーカーの醍醐味の一つなのではないでしょうか。

セミブラフはポーカーの重要なテクニックなので、是非身につけてプレイの幅を広げて下さい。